毒親

    514 :キチママちゃん 2009/05/16(土) 08:12:16 ID:tzC8rQ8b0
    私も親・弟と絶縁してるんだけど、見栄っ張りの毒親と暮らして
    いた18年間、電化製品はほぼ全てといっていいほど初期不良や、
    使い出して間もなく壊れることが多かった。

    たとえば冷蔵庫を買ったら、いつまでたっても冷えてこなくて
    食料品が全滅とか。
    たとえばテレビを買ったら、翌日リモコンが使えなくなったとか。
    たとえばエアコンを買ったら、つけて一時間後すごい音がするように
    なって、修理を呼んだら「ありえないほどモーターが壊れてる」と
    言われたり。
    量販店で買っても、個人商店で買ってみてもダメで、カタログ通販や
    テレビショッピングでもダメ。

    実家を出て自分で家電を買うようになったときに、一つも初期
    不良や、「買ってすぐ壊れる」なんてことにはならず、ああ、普通は
    壊れないんだなあとすごく驚いた。
    実家の中の負のエネルギーが影響してたのかな…。
    すごく地味なことだけど、こういうのも因果応報かもしれないと
    考え付いたときに、気持ちが楽になった。

    833 :キチママちゃん 2017/08/04(金) 00:04:09 0.net
    毒母に兄弟揃って虐待されその後両親離婚→父方に引き取られ無事に育った。だが俺が高1の時に修羅場が訪れる。親父が新興宗教にのめり込んでしまっていることを知ってしまった。不可解だったことが全てリンクした時の絶望感は凄まじいものだった。

    577 :キチママちゃん 2013/10/06(日) 10:50:30 0
    嫁との出会いが修羅場だった ネタだと思ってもらって構いません
    当時俺24歳嫁18歳 全く面識はありませんでした

    ある日の休日、趣味の写真撮影で結構夜遅くまで街をうろうろしていました
    いい加減家に帰って寝ようかなーと思っていたら女の子(嫁)が声をかけてきました

    嫁「あの…お兄さんちょっといいですか」
    俺「どうしました?」
    嫁「…私に援助していただけませんか?」
    俺「?! え いや ちょ」
    嫁「お願いです… 助けてください…」と号泣

    とりあえずファミレスで話を聞きました
    親が毒親で食事すらままならない 身体を売ってでも生きたいと号泣したので
    お腹が一杯になるまでおごってあげました

    その毒親の事を詳しく聞くと偶然にも俺の親父と関わり合いのある人で外面はものすごくいい人でした
    こりゃーなんとかしてあげないと可愛そうだとおもったので親父に連絡→事情説明→親父ぶち切れ→毒親呼び出し

    結果仕事面的にも肉体面的にも精神的にもフルボッコにされてました
    んでそのまま俺の家に住むことになりました

    337 :キチママちゃん 2011/06/05(日) 04:08:11 0
    大分昔の話。あんまりすっきりはしないかも。

    母 シングルマザー。酒癖が悪い、頭に血が上り易い。
    A 母の恋人。いわゆるヒモ。
    私 当時14歳
    弟 9歳



    Aは無職のくせにあちこちで飲んではツケをこしらえたり、暴力沙汰起こしたり、はっきり言って底辺にも程がある人間だった。
    母が前の男(不倫)と別れる口実として連れてきた男だが、不当に首を切られ困っている等々首尾よく母を丸めこんで家に転がり込んできた。
    私と弟は事前に知らされていなかったし何か言っても聞いてもらえなかった。
    母親は酒癖が悪くしょっちゅう外に出歩いてべろべろになって帰ってきた。
    最初は身を粉にして私たちを養ってくれているのだし、私たちが口を出すことでもあるまいと思っていたが次第に母の酒癖は悪化していった。


    その日の夜も既に出来上がった状態で帰宅。にもかかわらず、Aもいるしこれから飲み行こ、飲み行こうでうんざり。
    当然断った。中学生の娘に何を期待してるんだろう。これまでも何度かこんな風に絡まれたが冗談と思って断ってきた。
    しかし酒臭い母親にうんざりして目を離したのがまずかった。
    何と9歳の弟を連れ出して酒が入ったまま車を出しやがったのだ。
    携帯にかけるも出ず。

    371 :キチママちゃん 2016/03/03(木) 10:50:49 ID:tYgt/yow.net
    生まれてからつい一週間くらい前までのことなんだけど、未だに心の整理つかないから吐き捨てして心の整理つけたい。

    私が就学前に両親が離婚して私は母に引き取られた。
    母は当時規制前の精神安定剤や睡眠薬の依存症で男にも依存してて彼氏となにかあるたびに発狂してた。
    私は放置されて、たまに構うかと思ったら殴打・人格否定。
    母の機嫌次第で学校も友達も全部ぶち壊されてきた。
    14歳の誕生日の前日に「こいつを杀殳さなきゃタヒぬまでずっと地獄だ」と覚悟して杀殳そうとした時、警察を呼ばれてそこから何故かお咎めなしで行政の支援が入って家から抜け出せた。
    父は存命だったが再婚中。ほんとにたまーに顔を出して「お父さんも助けたかとばい」「お父さんもお前のこと心配しとるけんね」「待っとけよ、なんとかしてやるけんね」と言うだけ
    声が出せず表情筋が動かせなくなってカウンセラーが毎日見に来る子供にそれだけ言って私は結局里親に引き取られた

    このページのトップヘ