復讐


    【1/2】 【2/2】

    3: 671 ◆uPtxlA44Jk 2009/09/30(水) 21:51:33
    来週に弁事務所で話し合いをすることに。ここで決めましょうと。 
    プライドが高いのに無視されて意地になってるように思えたそうで、 
    こっちは手を焼いているけど弁には容易い相手のようだよ。 
    嫁に弁当の件で迷惑と伝えたところ持参を止めた代わりにバイク便 
    を使われた。額は常識よりも多少大目だって、会社からもお詫びが少々。

    【1/2】 【2/2】


    671: キチママちゃん 2009/08/25(火) 07:30:15
    とうとう朝帰りかよ。追及したら鼻で笑いやがった。 
    散々舐めやがって、バカにするのもいい加減にしてくれ。 
    ようやく目が覚めた。離婚すると覚悟を決めたら楽になった。 
    これから反撃するぞ。 



    【1/2】 【2/2】

    519:キチママちゃん2014/11/30(日)18:46:00 ID:Lkq
    帰ると嫁が青い顔をして待っていた。
    俺はそ知らぬふりをしてテレビを点けた。
    暫くすると嫁が俺の前に静かに座り、土下座した。
    「浮気してました、すいません」と搾り出す様な小さな声で言った。
    肩を小刻みに震わせていたが、それも演技に思えて許す気持ちになれなかった。
    双方の気分が高揚している時に短絡的に関係を結んでしまったとう言い訳は、夫人の上場祝賀パーティでの話と合致するが、だからと言って許す理由には全くならない。
    嫁は常習ではない事に活路を見出そうと必タヒだったが、映像で一部始終を目の当たりにした俺には無意味だった。


    【1/2】 【2/2】


    510:キチママちゃん2014/11/30(日)18:41:39 ID:Lkq
    まさか平穏な日常がこんなにも呆気なく終わるものだなんて思いもしなかったわ。

    俺の場合、勤務中にいきなり嫁の会社の社長夫人から電話が入ったのが修羅場の始まりだった。
    嫁の会社とは関連だから一応顔見知りではあったけど、だからと言って特別に親しくしていたわけでもない。


    【1/2】 【2/2】


    112: キチママちゃん 2012/05/15(火) 01:38:24.84 ID:RDsZiUGD0
    その日から俺らの地道な努力は始まった 
    腕章を作り、カメラを購入、少しでも騙せる要因は増やしたかった。 
    取材には大木と有吉でいくことになり俺はPCが扱えるため編集に大抜擢された。 

    そして一週間後、決戦の火蓋は切って落とされた。 
    前回出くわした喫茶店にまたあいつらは座っている、同じ場所に座っている辺りあそこがやつらの低位置らしかった。 
    俺はその近くのテーブルに座り静観する。 
    ものすごい笑顔を押し出し有吉がやつら6人に近づいた

    このページのトップヘ