彼女

    341 :キチママちゃん 2013/06/28(金) 05:39:45 ID:SbAcZn8b0
    両親が某学会員で、生まれついての学会員だった俺。
    信仰心は皆無だ。気づいたら学会員だったというだけ。
    既存の宗教ではないものを、「自分達で選んだ」という自負のある両親とは、ものすごい
    ギャップを抱えていた。

    まあでも、両親の前ではそれなりに装って、波風立てずにやってきた。
    そして大学で彼女と出会って、交際し、そろそろ結婚を考えて、それぞれの親に挨拶を
    しようという話になった。

    その後、妙に元気がなくなる彼女。
    相手の親(特にコワモテだと聞いていた彼女のお父さん)に挨拶することを考えると、胃が
    痛くなりそうだったから、彼女もそうなんだろうと思っていた。

    彼女の実家の住所にたどり着いた俺は驚いた。
    そこはお寺だったんだ。しかも学会で「捨閉擱抛」と嫌いまくってる宗派の。
    やや離れたところに車を停め、携帯で彼女を呼び出すと、
    「学会のうちやって聞いてたから、言われへんかってん…」
    泣きじゃくる彼女。俺自身は、学会には生まれついて所属していただけで、何の感慨も
    なかったけど、彼女にとっては途轍もない重大な問題だったんだと気づいた。

    当然その日は挨拶どころではなく、いったん帰って、先に俺のとこの両親から済ませよう
    ということになった。
    このとき、俺は学会を抜ける決意を固めていたのだが、両親も話せばわかってくれると
    思って、バカ正直に「寺の娘と結婚したいから、脱会したい」という話をした。してしまった。

    怒った顔をほとんど見せたことのない父親が、まるで般若のような顔をして、彼女を
    罵倒した。鬼に変わった母親が彼女の頬を平手で殴り、箒で背中を叩いて追い出した。
    どうにも出来なかった。
    気まずい数日を実家で過ごし、諦めたと装って下宿に戻った。装うのは慣れてる。

    135 :キチママちゃん 2016/07/06(水) 21:59:07 ID:xaj
    こないだ彼女とカラオケ行った時、「何か気づいたことない?」と聞かれたので何の気なしに「太った?」
    と答えたら、ふっと彼女が無表情になり、無言のまま曲を入れてそのまま大声でトリセツを歌い出した。
    それも「太ったとか~」の部分だけわざわざ耳元で歌いやがった。
    最後の「これからも~」のところだけ声が優しくなったのがなんというか、計算高さのようなものを感じた。

    671 :キチママちゃん 2016/04/26(火) 13:34:22 ID:MTj
    彼女が浮気してる現場(俺の部屋)に乗り込んで
    浮気相手のケツ中心にパターで滅多打ちにしたら
    警察に捕まったこと
    ちな不起訴

    このページのトップヘ