812 :キチママちゃん 2019/01/17(木) 18:49:52 ID:CA/VK1zAsM.net
    レスで何度も話し合ったけどどうにもならず最近ではレスの話しようとするだけでウワァァァァァってなるからもうめんどくさくて外注した
    そして
    おまえが相手しないから他所で済ませたわと言ったら大変なことになった・・
    でもこれは俺のせいではないよな?レスる方が悪いのだから

    382 :キチママちゃん 2015/10/21(水) 13:17:22 0.net
    ◆現在の状況
     離婚をせっつかれている
    ◆最終的にどうしたいか
      離婚回避、離婚ならば俺が作家になるまでの月々の生活費振込 
    ◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
      30歳 小説家 去年は80万くらい、今年は0
    ◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)
      32歳 人材派遣会社課長 720万
    ◆家賃・住宅ローンの状況
      多分10万くらい?
    ◆貯金額
      2人で1000万オーバー? 俺は0
    ◆借金額と借金の理由     なし
    ◆結婚年数          4年
    ◆子供の人数・年齢・性.別   なし
    ◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由  お互い初婚 

    431 :キチママちゃん 2019/02/04(月) 22:12:16 0.net
    ウチの嫁障/害者なんだけど、薬のおかげで特に健常者と変わらない。
    割とバリバリ働いている。

    この前、息子が初めて結婚前提の彼女さん連れてきたわけ。
    出前で寿司を取って、他のおかずは料理得意な嫁が作って、のほほんと話してたわけよ。
    皿を片付ける時に、彼女さんが気を利かせてキッチンまで皿を持って行ってる時に、食後の薬を飲む嫁と鉢合わせたらしい。
    その時は何もなかったんだけど、後日息子に薬のことを聞いて、息子も結婚を考えてたから嫁のことを話したらしい。

    結果、障/害者が母親なんて嫌だと、遠回しに言われてフラれた。
    息子が俺にだけ伝えてきた。息子は悔し泣きだよ。彼女さんから結構嫁について言われたんだろうな。
    嫁の障/害って後天性.だし、遺伝するものでもない。
    車も運転できるし、老後が他の人より大変なわけでもないのに。
    「彼女さん可愛らしい子だったね!」と笑顔で言ってる嫁には伝えられないわ…

    808 :キチママちゃん 2014/04/08(火) 21:46:38 .net
    俺と嫁の出会いを淡々と語っていく
    質問や意見は語り終わるまで流すぜ~

    当時俺が済んでたボロいアパートの隣にはコンビニがあった
    いつも仕事帰りにそこで飲み物買ってタバコ吸って家に帰るのが日課だった
    そんなある日、俺がいつも通り飲み物を買って外にあった喫煙所に行ったら、見知らぬ女がいた
    歳は高校生くらい
    まあそれが嫁だ
    嫁は特に何もすることもなく、なんか喫煙所のところにある自動車のタイヤ止めのブロックに座ってた
    俺も特に気にすることなくいつも通りタバコ吸って帰った
    それからちょくちょくそのコンビニで嫁を見るようになった
    まあ赤の他人だし、我関せずを徹していた
    それでも不思議に思っていた
    いつも決まった時間にそこにいて、何もせずただぼーっと座っていた
    それから結構月日が経っても、毎日ってわけじゃなかったけど、けっこう頻繁に嫁はいつも決まった時間にそこにいた
    さすがに気になり始めていた俺は、何となく、座る嫁に話しかけてみた

    429 :キチママちゃん 2016/11/12(土) 20:36:21 ID:???
    幼馴染みが事故って借金した。
    半年くらいして、幼馴染みの嫁さんが風呂に沈んだ。
    嫁の指名率を上げたいからと「店に来てくれ」と
    営業メールしてくる幼馴染みの神経がわからん。
    それ見て行く奴の神経もわからん。
    知り合いの嫁さんに
    よくチ〇ポくわえさす気になるよな。
    幼馴染み嫁はメンヘラ化して
    週イチくらいで手首切ってるらしい。
    そらー毎日のように夫の知り合いが
    チ〇ポくわえさせに来るんだから
    メンヘラにもなるわな。
    「仕事がつらいのかな?」と相談メールしてくる
    幼馴染みの神経がわからん。

    ここまで書いて
    神経わからんスレに投下するのやめた。
    怖いのでチラ裏投下する。
    うちの嫁が幼馴染み嫁と仲が良かったから
    ばれたらが怖い

    このページのトップヘ