妊婦

    474 :キチママちゃん 2019/02/16(土) 22:29:27 ID:5hbXuRgz.net
    妹から産前産後、里帰りしたいと相談されて
    いいよと受け入れた。
    うちは母が亡くなってて
    私も息子達(長男3歳・次男1歳)がいる。

    父・私の旦那・私・長男・次男のとこに
    妊婦の妹が帰ってきて、すごく賑やかになった。

    義弟が週に4日ほど帰ってきて
    洗濯物も置いていくのでムカつく。
    ただでさえ、日に2回は洗濯してるのに
    義弟の洗濯物で3回になる。

    私の旦那も洗濯物を干すのだけど
    それを横目で見ながら手伝いもしない。

    356 :キチママちゃん 2009/12/07(月) 15:35:08 0
    今さっきのこと。
    あたしチョー美人だしモテモテで困っちゃうわ!周りの男はみんなあたしの虜なの!
    っていうコトメにショッピング付き合わされてた。
    電車でつり革につかまって揺れてたらコトメが「あの夫婦の旦那さんの方、さっきから
    あたしのことチラチラ見てるの。もぉぉ、不倫とか困るよねw」みたいなことを小声で
    言ってきて、ウゼーと思ったけど旦那さんがチラチラ見てるのは本当っぽかった。
    そして奥さんと何か会話した後、コトメに「あの、妊婦さんですよね、席どうぞ」と
    声をかけてきた。
    すぐ降りるから(本当)と断ってたが、「ナンパ?やだもう!」からの落胆ぶりは
    素晴らしかった。
    ちなみにコトメは結構かわいい顔をした太ましい18歳。30キロダイエットしたら本当に
    モテモテで困れそうなのでもったいない。勘違いから立ち直ってがんばれと言いたい。

    79 :キチママちゃん 2010/12/17(金) 15:18:07 ID:yUAsNUJU
    会社帰りの電車にて、優先席にお爺さんお婆さん妊婦さんが座っていた。
    途中の駅で太めのおばさんが乗ってきて、妊婦さんに
    「ここは年寄りのための席なんだから座るんじゃないよ!さあ立って!」と
    絡み出した。

    妊婦さんは「すみません、つわりで気分が悪いので・・」と軽く断っていただんが、
    おばさんは振り上げた拳を引っ込めにくいのか「子供孕んだのはあんたの勝手でしょ!」と
    キチ外じみた絡み方をはじめた。

    そしたら大人しく座ってたお爺さん(見た感じ80才以上)が、おばさんに対して
    「だまれ馬鹿者!ここは優先席であって年寄りの席ではない!」
    「貴様のようなもんより身重の母親が優先されるにきまっとるだろ!」
    「大体なんだ!醜く超え太りおって、三途の川の渡し舟が沈まんように
    少しは痩せろ!身体を動かせ!楽をしようとするな!みっともない!」
    とデカイ声で一括した。

    迫力に押されたのでか、おばさんはちゃんと妊婦さんに謝って、
    お爺さんにも「すみませんでした」と侘びていた。
    お爺さんも「分かればいいよ、私も言い過ぎた」とさっぱりと許していた。

    なんか、スゲーカッコよかった。
    一連のやりとりを優先席に座ったまま眺めてた自分が恥ずかしくなった。

    99 :キチママちゃん 2018/03/27(火) 02:00:14 ID:l+9XCgoS0.net
    前の会社の帰りの電車
    優先座席の妊婦さんの隣が空いていたのでIN。
    暫くした駅で乗ってきた酔っ払い、座る場所が無くて妊婦さんの前で吊皮を持ち、
    半分寝てる感じでフラフラしてた。
    (あぶねーなー、これあぶないよこれー)
    と思いつつも、ちょい貧血で体調悪い俺の頭は回らないから、
    「吊革からずりおちないように…」と祈りをこめて様子見してたが
    電車の揺れにあわせてガクンとそのおっさんの体が下がったのを見て
    「あー危ないこれ危ない!妊婦さんあー!」
    ってパニクっておっさんを前からハグして、体を回して自分が座ってた席に着席させる。
    そこまでして「ファー!妊婦さんの横に酔っ払いだめだわ!」と思って、対面の席の人に
    妊婦さんと席交換してください、と土下座(貧血気味で立ってられなかった)。
    頼みをきいてくれて、妊婦さんと席交換。
    それを見て
    「ああ、良かった」
    「俺はこれだけの為に、生まれてきた価値があった」
    と安堵するも、貧血気味でさらに動いたせいでそろそろ自分の貧血がやばい。
    何人かが大丈夫ですか?みたいなことを言ってくれていた気がするが、
    「ここで倒れたら遅延して迷惑かけてしまう」
    と自分の中にはそれしかなく、膝ついてた体を引きづって、次の駅で降車。
    きちんと降車できたかすら定かでないくらいで気を失った。
    目が覚めたら病院のベッド。本当にただの貧血だったので、点滴打って帰ったってことがある。
    体調不良が改善してから、電車でのこと思い出して、多分、俺変人と思われてるわ。
    通勤に使う路線変えたほうがいいかと羞恥心で気が狂いそうだった。

    このページのトップヘ