友人

    252 :キチママちゃん 2017/06/01(木) 15:37:06 ID:dwx0bTex.net
    若い頃、アルバイト先で同じくらいの時期に入社した3つ年上の女性.A子。
    お互い辞めてから十数年経った今でも
    年に数回会う程度の付き合いを続けてる。

    先日久々に食事に行こうという話になったところ、
    「彼氏が同席したいと言っているのだけど良い?」
    久々にできた彼氏だというので紹介したいんだなーと思い、快諾。

    元々平日の仕事終わりにファミレスとかで食事する予定だったのを
    「彼が週末にお酒飲みたいって言ってるから居酒屋にしない?」と言われ
    いいよと言うと「お店選びよろしく~」と言われたので
    彼の好みとか何も分からないけどこっちで適当に決めていいのか確認したら
    「彼、安くて美味しいお店にしかいかないんだよね~
    あと騒がしいところは嫌がるから絶対個室でお願い」
    …個室で落ちつけて美味しいのに安いところ…難しいなと思いながら
    そこまでこだわりあるなら自分たちで決めれや
    という思いをなんとか押し杀殳して
    色々と検索してなんとかそれらしいお店を予約。

    ここまではまだ良かったんだけど

    長くなったので続く

    5 :キチママちゃん 2018/12/26(水) 08:12:07 ID:HU24J9my.net
    つい先日、前の旦那がタヒ亡したことを知って、その通夜、葬儀へ参加しようとしたA子に皆で引いた。

    A子は40歳近いのだが、前の旦那とは15年以上前に離婚していて、子供2人は双方1人ずつが引き取った。
    その後、A子は再婚して子供が出来た。
    前の旦那も割と直ぐに再婚していたし、別れた子供(長男)も成人している。
    引き取った下の娘は兄の存在を知らない。

    元旦那側の親族だって困惑するだろうし、第一に別れて10年以上疎遠だった息子に対して、今更「産みの母親です」と名乗るのか???
    A子の両親も「もう他人なんだから相手家族に嫌な思いをさせるだけだ。絶対に何にも参加するな!」と忠告している。

    99 :キチママちゃん 2019/01/21(月) 21:04:50 ID:djVTPSDA.net
    大学の友達と初めて私の車で出掛けた時に、私がその子の最寄駅まで迎えに行ったら「朝ごはん食べる時間なかったから」とマックをテイクアウトして持ち込んで来た。
    一瞬で車内はマック臭。
    思わず嫌な顔をしたら「あ、食べたかった?」だって。
    「いや…親の車だし、マックの臭いがさ…」と言ったら真冬なのになのに窓全開にして「これなら大丈夫だよー」って。
    先に「ごめん」だろ。

    69 :キチママちゃん 2017/11/05(日) 19:56:21 ID:lWQBbS/A.net
    学生時代の友人が、15年ぶりにショートメールで連絡してきた
    彼女は結婚したらしい

    それは別にいいんだけど
    「今何してる?」「今日の夕食は?」「土日はいつもどうしてる?」などが1日20通以上
    夕食は毎日聞かれたんだけど、参考にするのかなと思ってた
    「結婚しないの?」「仕事何してるの?」「お給料どれくらい?」は
    ずうずうしいと思いながらうまくごまかした

    ある日「土曜日は病院に行く」と送ったら何の病気か聞かれた
    ちょっとね…と断ってもしつこく聞き続けてくるのと、
    自分は難病で通院しているので
    「自分が癌とか難病だったら嫌でしょ? 聞かれたくないことはあるんだよ」
    とあきらめさせた

    学生時代から、友達なんだから全部知ってて当たり前!な子だったんだけど
    30過ぎてそれ?という気持ちになった

    36 :キチママちゃん 2018/04/28(土) 13:32:39 ID:9bs
    たいしたことじゃないけど、友達がいつの間にか離婚してシングルマザーになってたこととその理由

    先日、少し前に長年付き合った彼と結婚して子供ができて、忙しくなったので少し疎遠になっていた友達と再会した
    離婚したと言うので愚痴という形で詳しく話を聞いた、その内容が以下
    (意訳)

    ・結婚して間もなく妊娠が発覚
    ・ほぼ同時に旦那さんに転勤の辞令が出る
    ・転勤先は飛行機の距離
    ・これから子も生まれるのに帯同でも単身でも冗談じゃない、お断りなさいと指示
    ・旦那さんの転勤はふつうに業務として、また昇進へのステップとして有り得ると承知で結婚したが、こんなタイミングは有り得ないでしょ
    ・会社の嫌がらせに違いない
    ・旦那さん抵抗するも、最後には転勤を断った結果、転勤のない部署に転属という形におさまる
    ・めでたしと思いきや、収入が激減すると判明
    ・元の部署に戻してもらえ、ただしノー転勤でと命令
    ・当然無理なので大喧嘩
    ・→離婚
    ・大量の慰謝料を請求するが、転勤の可能性.も収入の減少も事前に何度も確認、承知されていて友人が覚えてなかっただけなので少ししかとれず(少しでもとれたんだ…)
    ・転勤や収入もそうだが、友人の怒りの主成分が、イクメン旦那を育成してブログで連載するはずだったのが台なしになった、とのこと

    すごくリアクションに困った
    可哀相、旦那さん

    このページのトップヘ