勘助

    250 :キチママちゃん 2013/02/11(月) 15:56:29 ID:l66mIiX6
    数年前の話。
    文章にしてみたら随分ネタっぽくなった気がするけど本当の話です。

    ここでよく挙げられるような職場のポジティブ勘助。
    清潔感はあるが見た目は喪男。アニメやゲームに詳しいが自分はオタク
    ではない!と言い張るイミフな30代の先輩。
    私もアニメゲーム好きで時々ノリよく喋ったりしてて、それでロックオンされた。
    彼女認定、こちらが否定すると「照れてるw」で話にならない。
    メールもうざい。「私さんのオススメのホテルはどこ?」が最高に気持ち悪かった
    (アドレスは仕事で仕方なく交換した)
    今までも女子社員に対してそういう勘違いが何度かあったらしく、周りの
    人たちが私に同情的だったのが救い。
    (勘違いもいい加減にしろと注意してくれてたが聞く耳持ってくれない)
    同僚だし穏便に…と思っていたが、
    私「すいません、私はあなたと付き合うつもりはありません」
    勘「照れんなよw」
    私「照れてません、迷惑」
    勘「ツンデレktkr」
    …のやりとりを数十回繰り返した所で、私はきれた。

    私「う゛あ゛あ゛ぁあああぁあぁぁ!!!!」

    仕事中席を立ち、突然キチ外みたいな悲鳴をあげた私に職場の人達全員が注目。

    私「私・は!あ・ん・た・の!彼女じゃねぇ!って・何・回・言や・わ・か・ん・だ・よ!
    このクソッタレが!!い・い・加・減・に・し・ろ・や!この…」

    半年間の溜まりに溜まった鬱憤が爆発した。全てがどうでもよくなった

    続く

    173 :キチママちゃん 2013/05/22(水) 15:27:35 ID:+GcWKqMu
    私もやっと決着した話を投下
    これ勘助として処理していいのかどうか疑問だけど…

    私:25歳 未婚
    友人:私の同級生♂
    勘助:28歳 未婚 無職

    1年半程前、私が働いている店に何の面識もない勘助が来店。
    普通に「いらっしゃいませ」と言ったところ、突然勘助がワー!と歓声みたいな声を上げながら突進してきた。
    私は完全に頭がおかしい人だと認識し、恐怖のあまり店長の後ろに隠れた。店長もたじろぎつつ勘助に「どうされました?」と声を掛けたんだけど、
    勘助はいきなり平常に戻り「は?何が?あんた何なの」とか言って店を出て行った。

    それから毎日勘助は店に来るようになった。何も買わないし、何も喋らないんだけど、とにかく1日中ずっと店にいる。
    最初はみんな気味悪がってて、店長も女性.社員はレジカウンターからあまり出ないようにと言ってくれてた。結局私もレジカウンターから「いらっしゃいませ」とだけ言ってた。

    ある日、仕事が終わって数人で一緒に店を出たら、裏口で勘助が立ってた。
    もうマジで社員全員凍りついた。
    そしたら勘助がこっちに近付いてきて私に「今日はどこに食べに行く?」と聞いてきた。
    みんな「え?私さんの知り合いだったの?」って言い出したから私はもう全身全霊で「違う!知り合いじゃない!違う!違う!」と否定した。
    なのに勘助は笑いながら私に「照れんなよ」とか言い出して、みんなに「僕、実は私さんと付き合ってるんです。心配だからここ(裏口)で待ってたんですよ」と謎の説明をしはじめた。

    885 :キチママちゃん 2019/10/06(日) 10:11:06 ID:xP.at.L2
    45歳の義兄が22歳の女性.と結婚すると報告してきた。
    非正規で仕事が長続きしない義兄と結婚するなんて結婚詐欺じゃないかとみんな、とても怪しんだ。

    何している人なのか聞いても「大学生」としか言わない。そもそも相手の女性.の写真もない。
    馴れ初めを聞いたところ、義兄が5年ほど前に工場の仕分けのバイトをしていた時に出会ったのだという。

    休憩の時に女子高生のバイトたちが固まってお喋りをしていたらしい。
    休憩室にはテレビがあって皇族のお姫様が15歳年上の男性.と結婚式を挙げたというニュースが流れていて、
    高校生たちが「え?この人誰?」「皇族なの?」「佳子さまの従姉?」などと喋り始めた。
    その中で1番可愛かった子がそのお姫様について「大正天皇のひ孫にあたる人だよ」「佳子さまから見て父親のはとこだね」と説明したという。

    しかし、他の高校生たちは興味がないのか、
    「え~!15歳差とか嫌だ~」「10歳上までは良いけどそれ以上、上は厳しいよね~。」と相手の男性.叩きを始めた。
    (相手の男性.を叩いているというか、単純に年の差婚の話をしているだけだろう)

    可愛い女の子が「でもあの衣装ってあの旦那さんくらいの年齢の方が雰囲気出そう。」と発言した。
    (結婚式の衣装はお姫様が十二単、お相手である神主の男性.は平安貴族みたいな束帯姿だった)
    それを聞いて他の女子高生たちも「そうかもー。」「落ち着きがあるよね」と考えを改めた。

    義兄の話はここで終わったので義両親と夫が「それで?」と言ったら「え?俺は告白されたんだよ?」とキョトンとしている。
    よく分からないがそのお姫様のご主人と同い年である自分がいる場所で、ご主人に対してポジティブな発言をしたってことは俺に対する告白だろうとドヤ顔をしていた。

    中島みゆきの糸を鼻歌で歌ってたこともあったらしく、若い子がそんな歌知らないだろうから俺のために調べて遠回しにアプローチしたんだろうとも言ってた。
    「会話をしたことは?」と聞いても「いつも挨拶してしてくれたし告白はされてる」と主張。

    言っておくが「糸」は中高生の合唱コンの課題曲に使われることもあるから世代を問わず有名。
    うちの長男(16)も中学の合唱コンで歌ってたし、次男(12)も去年6年生を送る会で歌ってた。

    「それで相手の女の子はどうしてるの?」
    「年齢的に多分、大学生だろう?大学卒業したら俺を迎えにきて一緒に暮らすつもりだろう。20歳の時に来なかったってことは短大じゃなくて四大に行ったんだろうし。」
    「弟(私の夫)の家は男の子だけだし、
    うちは女の子が複数になるかもな」と一人で語る。当然だが連絡先も持っていない。
    それに関しては「結婚前に男に連絡先教えるようなB***hじゃない」と言われた。

    こんな勘助みたいな思考を持っていることにドン引きした義両親が大激怒で家から追い出した。
    一人暮らしさせただけなので何かやらかしたら怖いから時々義両親が見張りにいくらしい。

    田舎のため、その女の子がどこの子かすぐわかったが、その子はお母さんが嫁いびりに耐えかねて娘の就職か進学?を機に娘を連れて遠方の実家に帰ったため、こちらに戻ってくる可能性.は低いという。
    つーか、その子の親は早くに結婚したらしく、義兄より年下だった。

    250 :キチママちゃん 2008/06/28(土) 19:26:13 ID:S1uSwSDm
    前の職場にとんでもない勘助がいたよ。
    思い出して書いてみたらずいぶん長くなってしまった。
    長文いやな人はスルーして下さい。

    その勘助、30代後半でパッと見は氷川きよしに似てる。
    でもとんでもない勘違い野郎だった。
    「おれのこと好きなくせにwww」という強気な感じよりは
    「なんか分かんないけど女の方が寄ってくるんだよね。
    俺は困ってるんだけど…」みたいな、あくまで自分は興味ないけど
    周りがほっとかない俺、っていう思い込みで色々やらかしてた。

    新入社員や若い派遣さんに手当たりしだい社内メール(個人宛)
    「こんにちわ、勘助っていいます^^社内のことは色々詳しいから
    何でも聞いてね!」

    何もしらない新人さん、お礼のメール出す

    「いやいや、こちらこそヨロシクネ^^色々説明するから飯でもどう?」

    真昼間の定食屋で下ネタ満載(セ○レの話とか)俺sugeeeeトーク。

    しかも勘助の恐ろしいところは、この流れでなぜか女が
    落ちると思っているところだった。

    以下勘助の持ちネタ
    ・セ○レがいる・人妻を食った
      →女性.にも性.欲があるって理解する俺sugeeee
    ・mixiでたまたま見つけた「自称超B***h」って女と個人オフ
      →交通費かけてまで会いにいってヤラなかった俺sugeeee
    ・肌荒れしてたり化粧がうまくない女ってダメだよね
      →美を見極める目がある俺sugeeee

    863 :キチママちゃん 2009/08/21(金) 20:31:18 ID:nTEjcz3l
    うちの職場の20歳近く年上の男性.が勘違い男だ
    勝手に彼氏いないと決め付け、一緒に食事行こうだの何だの
    性.質の悪いことに家が近いもんだからしょっちゅう「送るよ」と会社のメール使って送ってくる
    毎回断ってるのに懲りやしない
    ダイエット理由に断れば「太ってないから大丈夫」
    体調不良を理由に断れば「食べて体力つければ大丈夫」
    大丈夫って何が根拠だよ
    こっちが帰宅したあと会社のパソコンに「食事行こう」と送ってきた
    次の日の午後断りのメール返したら「返事が無いから了承したと思ったのに」と言った内容のメールが何通も
    仕方ないじゃないか、午前中別件の用事で席にいなかったんだから
    あげく「もういい」とふてくされ
    そして仕事にかかわることにすら口きかず
    鬱陶しいったらない

    このページのトップヘ