カラオケ

    90 :キチママちゃん 2010/05/25(火) 16:29:08 0
    ウトに「義弟君が音痴なのは、ウトさんの血なんですね^^」ってカラオケでいったことあるわw

    旦那とトメは結構うまいんだけど、義弟とウトが物凄くヘタ。
    義弟はヘタという自覚があるんだけど、ウトは自覚が無い。
    自覚が無いからか、やたらと唄いたがって正直迷惑していた。

    で、私だけじゃなく職場の人(友達がウトの直属ではないが部下にあたる)に声をかけて
    カラオケにいって、若い女の子から「課長補佐、○○唄ってください~」ってリクエストがこないと機嫌が悪くなる
    …という悪い性.質をもっていたし、定期的に私と旦那と義弟(場合によっては義弟婚約者)をカラオケに引っ張りだし
    ほとんどジャイアンのリサイタル状態になることもあったので、どっかで鼻をへし折ってやりたいと思っていた。

    で、たまたま家族でカラオケにいったとき、無邪気に言ってやった。
    固まるウト、義弟(こちらは天然)は笑顔で「あ。やっぱり。父さんヘタの横好きだもんね~」と同意。
    旦那は一瞬目が泳いでいたけど、こっちについたほうが得策と踏んだのか
    「そうだよなぁ」とちょっとだけ同意して逃げていた。
    二度とカラオケに誘われなくなった。

    742 :キチママちゃん 2016/11/21(月) 12:59:41 ID:X8w
    ちょっと理不尽系になるのかも
    良い感じの雰囲気だった男性.とカラオケに行こうって話になった。
    その約束の前日、一人でドライブしてた時、ラジオからとある曲が流れてきたんだ。
    ぼかして書くけど、「愛に愛されて愛に泣く」ってサビのやつで、歌詞はパートナーとの未来の将来設計を男目線で語るストーリー。
    それを聞いてて、ふと「これをドヤ顔で歌われたら引くよなあ」って思ったのよ。歌手や歌詞がどうこうって言うよりは、何か自分に酔ってそうっていうのか。
    んで、その当日、約束通りカラオケに行き、時間まで色々歌って楽しく過ごしていたんだけど、ラスト1曲って時にその男性.がドヤ顔で上記の曲を披露。
    なんか、お約束的な展開だったし、相当歌いこんでいるのかやたらと上手いしで笑いそうだった。
    そしてそのままFOしてしまった。

    861 :キチママちゃん 2011/08/09(火) 11:50:05 ID:ad2x3nIb0
    修羅場って言えるかわからないけどクソ面倒臭かった話

    全部当時の年齢です。人多いからアルファベットになるけど許して

    私:乙大学2回生
    A男:甲大学4回生、バイト先の先輩
    A子:乙大学4回生、A男の彼女
    B子:乙大学4回生、A男・私と同じバイト先でA子の親友
    B男:乙大学4回生、A子・B子と同じサークル

    当時の私のバイト先は先輩後輩関係なくめちゃくちゃ仲良いバイトだった
    よく遊んだりしててその中でもA男、B子、私を含んで6人で毎週遊んでた
    A男のことは最初苦手だったんだけど落ち込んでる私に気が付いて声かけてくれたり
    一緒にいて本当に楽しくていつの間にか好きになっていた
    でも彼女いるの知ってたし、4回生なので1月で地元帰るから
    片想いな自分に酔っておこうと決意してモーションとかはかけなかった

    32 :キチママちゃん 2019/08/01(木) 15:58:13 ID:Cle
    同僚達とカラオケに行く事になった。
    今の時間はアニメの歌だけとか、次はドラマの主題歌だけとか
    そういう縛りで歌っていたが、Aが「洋楽だけ」と言い出し皆も賛同した。
    残念ながら私は洋楽を聞かないので、それだと歌えないと言ったら
    「なんでもいいよ」「子供の頃に流行ったのとかあるじゃん」と言われ
    子供の頃に流行った曲は知ってても歌えないが
    父がよく聞いていた洋楽があり、それならなんとか歌えるだろうと思い、曲をセット。
    タイトルを見て、みんなが「えw誰の歌?w」「しらねーw」とざわつく中、歌ったのは移民の歌。
    子供の頃、父がレッドツェッペリンとかディープパープルをよく聞いていたが
    なんとなく覚えたのが移民の歌だった。
    歌い終えると「誰の歌?」と聞かれたので、レッドツェッペリンと答えたら誰も知らなかったし
    「いきなり叫ぶから何事かと思ったw」と言われた。
    そういう歌です。

    624 :キチママちゃん 2013/05/31(金) 09:48:20 0
    うちのクソトメは41歳のムチュコタンを(私の旦那の兄)
    カラオケが上手いから、まだまだ歌手になることを諦めないで!
    と毎月年金からお小遣いあげてニートにさせてる
    本人もトメもある日突然スカウトか何かが来るとでも思ってるので
    オーディションなどの活動は何もしていない。
    逆に、オーディションなんかうちのムチュコタンが足を運ぶなんてと
    理由なき天狗。
    馬鹿としか言いようがない。

    このページのトップヘ