ワロタ


        

    2008/04/09(水) 00:47:21.72 ID:VFqc8/o10
    パニック状態に陥った俺は、
    とりあえずウィルコムを取り返すために
    カブタックとおちあうことに。
    聞けば近くのショットバーにいるとの事。
    もう一度あのクリーチャー達と会うことには、
    さすがに抵抗を感じたけど、
    ウィルコムだけ奪い去って逃げよう!
    そう心に決めて待ち合わせの店に向かったところ、、、

    店の奥のカウンターにいるのはカブタック一人!
    ラッキー!!

    その時の俺はそう思ってしまったのです。



        

    422
    :負け犬 ◆s91SioYMks2008/04/09(水) 00:10:14.50 ID:VFqc8/o10
    クリーチャーからは 
    『えー!!』 
    という、本来なら男性にとって勲章にも似た、 
    最高の反応が。 
    しかしこの日はむしろ腹立たしく聞こえるのみ。 
    同級生がここにきて初めて 
    『〇〇くん、大丈夫?』 
    と聞いてきて、 
    『いやー、結構厳しいかも。何だかゴメンね、、。』 
    と返事。 
    当然心の中では 
    『さようなら僕の大切な同級生』とつぶやく俺。 
    トイレの中で、メンズの会計は全て俺が支払うことになっていたので、 
    俺とクリーチャーをレジに残し、 
    メンズは全員店の外に出ました。



        
    217
    :負け犬2008/04/08(火) 23:08:28.69 ID:F/9Rv+H+0
    とにかく、パニック状態になった俺は用も足さずに席に戻り、
    体育座りで爪をかみながらこの局面を打開する方法を必氏に考えようとしました。



        

    2008/04/08(火) 21:58:40.56 ID:F/9Rv+H+0
    まず、噂には聞いていたんだけど、
    この看護系の学科の奴等はとにかく飲む!!
    飲み放題で本当に良かった、、。
    こいつらに割り勘でよけいな金なんかつかいたくねぇしorz

    ハルクとスポーンがドイツ人並みに生をあおり、
    ウルヴァリンは二皿注文したから揚げを割り算が出来ない子のように
    人数を無視して食い続ける。

    始めの15分は会話ほぼ無し。
    メンズは飲んでも無いのに数分置きにトイレに非難。
    このままでは同級女をきづつけてしまうと思った俺は、
    やむ終えず、知りたくも無いのに、それぞれに自己紹介を求めることに。



        


    1
    :負け犬2008/04/08(火) 21:13:45.88 ID:F/9Rv+H+0
    8対8。 
    一人以外全員ヴィジュアル、性格共にクリーチャーレベル。 

    マジで最悪だった、、、、orz

    このページのトップヘ