武勇伝

    171 :キチママちゃん 2017/10/10(火) 12:05:50 ID:jEe
    「DQNが高速で路上に車止めさせて難癖つけて一家の両親が事故タヒ」ってネットの話題を見て思い出した修羅場
    かなり昔似たような事件がうちにもあった。大阪へ高速で一家旅行へ行った帰り、
    割り込まれてクラクション鳴らしたら相手のDQN車(車高が低くてファーをいっぱい敷き詰めてる典型的なの)の気に障ったらしく、
    こっちの前に出て蛇行したりして煽る煽る
    父もかなりイライラしだして、母が横にいて私と弟が後ろに乗ってるのに「あのガキが」「杀殳す」と物騒な言葉を連発
    顔つきも最初は真っ赤になって激怒してたのに、途中から血の気が引いて無表情になってた
    そのうちDQN車がスピード出して遠ざかっていつたと思ったら、いきなりブレーキかけて急停止
    父はブレーキかけつつギリギリでハンドル切ってなんとか難を逃れた
    止まった車の中から相手の方を見ると、ニヤニヤしながら小走りでこっちにかけてくる
    難癖つけて何かする気なのは見ててすぐにわかった
    当時うちの父は、「事故で車内に閉じ込められた時のため」と言ってダッシュボードにハンマーを常備して
    何かあったらこれで窓を壊して外へ出ろと事有る毎に家族に教育してた
    互いに停車すると父は、相手がこっちに向かってくるのを確認もしないでハンマーを持って車外に飛び出し
    そのままDQNへ向かっていってハンマーで思い切り殴りつけてしまった
    私たちは車内にしたから詳しいことはわからないけど、DQNは地面に倒れたまま動かなくなって
    父は向こうの車内にいたDQNの彼女を呼び出し、そのままDQN車の後部座席にDQNを積み込ませて彼女が運転して一気に走り去ってしまった
    その後警察が来ることもなく事件は終わったけど、一歩間違えたら杀殳人事件か大交通事故になってたと後に気付いて修羅場
    でも当時は「父の機嫌が直ってよかった」としか思ってなかった

    810 :キチママちゃん 2014/01/07(火) 20:13:07 P
    空き巣が多い地域で良トメと同居生活中。

    年末に家族が出掛けてトメ一人だった時に
    空き巣と鉢合わせしてしまったが
    「元警察官の家に押し入るなんていい度胸だねっ!」
    と、玄関先に隠してあった竹刀一本で撃退してくれた。
    夜になって帰ってきた私達は割れた窓ガラスを見て
    話を聞かされてビックリ仰天。
    えええ??だだだだいじょうぶ???
    と言葉にならない旦那を尻目にサクサクと片付けていた。

    トメ的には空き巣と居合わせたことよりも
    調べにきた警察官に盛大に
    爆笑されたのが修羅場だったらしい。

    そりゃぁ「元警察官」だったのは40年くらい前の旦那祖父で
    30年くらい前からお仏壇にいる人なんだから
    爆笑もされるでしょうよw
    確かに嘘じゃないけどさ~w

    280 :キチママちゃん 2017/05/19(金) 18:10:22 ID:yHb
    小5~6くらいの自転車に乗った少年に、すれ違いざまに胸を才柔まれた事がある。
    振り返ると、こちらを見ながらニヤニヤと蛇行運転。
    (こりゃ常習犯だなー灸を据えてやらねば)と先ほど停めたばかりの車に飛び乗って追いかけ、思い切り幅寄せして逃走を阻止。
    自転車から引きずり降ろしてマウントを取り
    「今胸触ったよね?犯罪だよね?名前は?家は?学校は?教科書出しな」と真顔で胸ぐらを掴むと
    「あ、あのっ…違っ!ぶつかって…」
    「ぶつかったらゴメンなさいだろコラァァァ!!!」
    「ひぃぃぃぃ!!!」
    野次馬のおばさんに「あなた何してるのよ!」って止められたんだけど
    「こいつ痴/漢です。私の胸を才柔んで逃げた性.犯罪者です。」と言うと「えっ痴/漢!やだ大変!警察!?」とおばさんまでパニックに。
    道も渋滞してるし少年チビッてたので
    「吐かないならいいけど、お姉さん君の顔もチャリも服も声も覚えたからね。お姉さんの顔忘れないでね。」
    と告げて道路に捨てて去りました。

    735 :キチママちゃん 2014/12/08(月) 11:15:00 ID:9vH
    私が中学生の時に近所の家で火事が起きた。
    火の海だったんだけどベランダから女の子と母親が煙に巻かれながら助けてと叫んでた。
    でも、ベランダ下からすごい勢いで火が出てたから誰も助けられず遠巻きで見てるしかなかった。
    周りの人達はもうすぐ消防が来るから頑張れと叫んでた。
    実は後で知ったんだけど別の所の火事で一番近い消防署から出動していて時間がかかってた。
    消防はまだかまだかと皆が焦ってた時にうちの父が仕事用のハイエースでその家に突っ込んだ。
    ブロック塀を破壊して炎が飛び出してるベランダ下に強引に乗り付けてハイエースの屋根に登ってベランダに登っていた。
    それを見てた近所の他の男性.も助けに入り、焼け石に水かもしれないけど水まきホースを強引に伸ばしてベランダへかけ始めた。
    最初に女の子をハイエースの屋根に登ってきた別の男性.に手渡して、次に女性.を担ぎあげてベランダの柵から投げ落とした。
    ハイエースの屋根が窪むほどの衝撃だったんだけど、その時点で父は左肩にかなりの火傷を負っていて危ないと感じたから投げ落としたそうだ。
    その後父も飛び降りて脱出。ハイエースも別の男性.が動かしてボロボロの状態で脱出。
    その時には救急車が来て女の子と母親が連れて行かれて、近所の人の車で父が病院へ連れて行かれた。
    それから5分ぐらいして消防車が到着。
    でも時既に遅く、火元の家は全焼、隣と裏手の家も半焼した。

    そして父と母は病院で大喧嘩をしてイチャイチャした結果、私に10歳以上も歳が離れた弟が出来たことが修羅場です。

    926 :キチママちゃん 2014/03/20(木) 00:28:26 ID:+5FPBt+b
    武勇伝だったのか分からない話
    私が小学6年の時登校班で登校していたのだか毎日遅刻して来る兄弟がいた
    時間はキッチリ守って出るよう指導されていて遅れた子は親が送るシステムだった
    私はリーダーだったので時間を守り集合場所から出発していた
    ある日遅刻兄弟のお母さんが私に文句を言いにきた
    『あんたね!?上級生なら下級生を待ってあげようとゆう優しさないの!?可哀想だと思わないのか!』
    そこで私は普通に答えた
    『可哀想だと思うなら親の監督であと10分早起きして家を出させてください。
    それで解決します!』
    お母さんは顔を真っ赤にしてあんたね!大人に向かって!!とか叫びながら逃げていった。

    武勇伝…?

    このページのトップヘ