友人

    124 :キチママちゃん 2019/01/11(金) 00:41:24 ID:w22fPEgo.net
    大学で知り合った友人がバイト先からのス㋣ーカー被害に悩まされてずっとその相談にのってた
    相手にはバイト先はもちろん家も連絡先も全部バレてるしひっきりなしにメールと電話が来る
    一度家にプレゼントを持ってこられて留守だったからと郵便受けに突っ込まれるところまでいった

    何度も警察に連絡しろと言ったのに直接何かされたわけじゃないから~と結局行かず
    メールも電話も無視しろと言ったのにわざわざ返事をして相手を付け上がらせる
    バイト先に相談しろと言っても大事にしたくないからとだんまり

    本気で心配して本気でアドバイスしてたのに別の友人と食堂でス㋣ーカー話をギャグにして盛り上がってるのを見て
    ああこの子は怖かったことを単に慰めてもらって笑いに変えて何でもなかったことにしたいだけかとスッと冷めた
    自慢とかマウントじゃなく単に痰ツボにされてたのもなんか余計に冷めた

    新年早々からス㋣ーカー被害が悪化してるLINEが入ってる
    今までやられてたことが事実なだけに流石に事件とかになったら寝覚めが悪いけど本人に何も行動する気がないならどうしようもないわ

    722 :キチママちゃん 2013/04/08(月) 22:46:14 ID:AY+G0bbB
    いつも読むだけだったんだけど、唐突に修羅場思い出した。

    バブルの時代だった頃、学生の自分は友人2人と大阪梅田で夜遊んでいた(全員女)。
    ナビオという建物の傍を通った時、DQN女数人がたむろしているのが見えた。
    そのうち一人は赤子を抱えていた。
    横目で見ながら歩いていたら、一人が歩いてきてすれ違いざまに自分に思いっきり
    ぶつかって来た。
    自分は、痛い!と思いつつふざけてるのかと思って笑いながら相手をみたら(自分酔ってた)
    相手は「どこみてるんじゃ!」とか罵って凄い剣幕で謝れ!土下座しろ!とか
    捲くし立てて来た。
    うわー、めんどくせえと思って、土下座くらいでほっといて貰えるならならいくらでもするわ、と
    そのまますいませんと言いながら素直に土下座したら、地面に頭つけた後頭部を
    ヒールで踏まれた。
    マジで痛かった。が、これに友人達が切れた。
    友人1はおおらかで面白くて体が大柄だったんだけど
    自分の頭を踏んだ女の髪をわしずかみにして、マジに2人で喧嘩を始めた。
    友人2ははかなげな美人で細かったんだけど、応援にかけつけたDQNの女と掴み合いの
    喧嘩を始めた。正直驚いた。
    自分は、喧嘩とかした事なかったからおろおろして、しかし大切な友人をほっとく訳にもいかず
    通行人に手当たり次第、「助けてください!警察呼んでください!」と叫んでいた・・。
    誰も止まってくれないorz
    友人1は、相手をボコボコにしてるよ・・どうしようと更におろおろしながら叫んでると
    893っぽいイケメンが来た。凄いイケメン。ちょっと惚れそうなレベル。
    どうもイケメンはDQN女達の知り合いのようだ・・焦った。
    必タヒでイケメンにお願いした。いきなり絡まれたんです!どうぞ友人を助けてください!と。
    イケメンがイケメンの仲間の男らとDQN女達の仲裁に入ってくれて、何とか喧嘩は収まった。
    DQN女達は、「ナビオレディースをなめるんじゃないよ!」とか叫んでた。
    当時でも、ハァ!?wと思った。イケメンの言う事はすぐ聞く癖に。
    友人1はまだボコボコにしたりない感じで興奮してた。
    自分は手が震えてて、自分でみながら本当に手が震えるんだなあとか思った。
    あの赤子はもう成人してるんだろうな。

    897 :キチママちゃん 2014/01/11(土) 02:24:09 0
    愛猫が友人には見えていなかった事

    当時5歳だった猫が私の不注意で脱走してしまって、必タヒに探したんだけど見付からなくて本当に心に穴があいたみたいに暫く無気力だった
    でも数ヶ月後の私の誕生日にひょっこり帰ってきて、それから脱走もなく数年

    ある日長年メールと手紙だけだった友人と久し振りに会うことになって、「猫ちゃん元気?」と聞かれたのでその数日前に撮ったばかりの写メを何枚か見せてあげたんだけど微妙な表情
    それから友人の態度が変ですぐお開き、翌日友人から電話があって病院を進められた

    823 :キチママちゃん 2010/12/05(日) 21:07:25 ID:qYq8uhS50
    この流れのならどさくさにまぎれて書ける。

    今の夫と遠距離恋愛時代に、
    たまにご飯を食べに行くような関係だった友人と飲みに行った後、流れでやってしまった。
    その友人は背も高く体格も良い白人なのだが、まさに極小さんなうえ、
    文字通り三擦り半で往ってしまった。

    あ~、間違っても2度目は無いわと思ってたら、
    彼が「あんな事になる気は無かったけど、あんなに素晴らしい体験になるとも思っていなかった。」
    と翌日メールを寄越し、以前より頻繁に食事に誘ってくるようになった。

    彼には数年付き合っている恋人がおり(この事件の時は旅行していたらしい)、
    私も遠距離の恋人と別れる気もなかったので、
    面倒な事になったらヤバいと思い、何となく理由つけて夜会うのは断り続け、今現在は殆どメールのみの付き合いまで距離を置いた。

    先日彼本人から、恋人と婚約したと報告を受け、
    「わあおめでとう!お幸せにね!」と祝福したのだが
    正直、あの候粗珍と長年付き合って結婚までする彼女さん凄いと思ってしまった。

    このページのトップヘ