ゾッとした話

    706 :キチママちゃん 2014/12/07(日) 14:18:44 ID:15w
    子供の頃の話だけど、俺は小5ぐらいの時に今で言うとこの厨二病を発症しててな。
    心霊特集とか、幽霊大集合!みたいな文字の踊る本を読み漁ったり、霊感を開花させる儀式なんかをくそ大真面目にやったりしてたよ。

    ある日の夜、いつものように21時には母ちゃんにベッドに強制収容され親父母ちゃん妹は寝室へ行った。(3人は同じ部屋で俺だけが別の部屋で寝てた。)
    だが厨二病な俺は「太陽が眠ったこの時間からが霊達の領域だ!」と、こっそり起きてて懐中電灯で本を呼んだり降霊術をやったりして深夜12時~1時あたりまで起きてたんだ。
    「今日も降霊は失敗か…。」とベッドに入りうとうとしていると何か違和感を感じた。
    なんか下の階で人の気配がする。
    親父も母ちゃんも妹ももう寝てる。(イビキが聞こえるから間違いない)
    これはもしや…俺が降霊術によって呼び出した守護霊か!?とwktkしていると階段を上る音が聞こえる。
    守護霊を呼び出したはいいが、なんと言って声をかければいいか困った俺はとりあえずベッドに飛び込み寝たふりをした。
    すると守護霊が上の階にきた。
    ギィ…階段すぐの部屋が開いたな。パタッ…。
    ギィ…次は物置き部屋か…。パタッ…。
    ギィ…俺の部屋に入ってきた。あれ?なんか怖い。こっちの様子を伺ってる気がする。
    なんか絶対動いちゃダメな気がする。寝たふりしてなきゃ…。少しするとパタッ…。と出ていった。
    それから親父達の部屋にも入ったっぽかった。
    みんな気付くな、起きるな、そのまま寝てて!とベッドの中で震えながら祈ってたよ。
    守護霊が親父達の部屋を出てミシッミシッと階段を降りてった。
    そのまま守護霊は玄関のドアを開けて出ていった。
    「あれは守護霊じゃない…間違って大怨霊を呼び出してしまってたんだ…!」と震えた。
    親父達は呪われてないか!?とベッドから飛び出し親父達の部屋に「みんな大丈夫か!?!?」と叫びながら入ってった。
    親父も母ちゃんも涙やら鼻水やらヨダレやらでグジュグジュになった俺に驚いてた。
    親父達に今の出来事を話すと親父は寝ぼけてたんじゃないか?と言いつつ下の階を見に行くとタンスや引き出しがぐちゃぐちゃに荒らされてたらしく警察呼んだり大事になった。
    犯人は別の家でも空き巣をやってたらしくすぐ捕まった。
    ナイフを所持してたらしく、寝たふりを続けた俺は親に褒められまくったよw
    「よく来たな我が守護霊よ!」とかやらなくてほんとよかった。

    715 :キチママちゃん 2014/12/07(日) 19:55:32 ID:zhw
    賛否考えいろいろあるだろうが、俺の嫁は昔から女性.が苦手で男友達とばなり遊んでいた
    女性.が苦手というのも、保育園の頃嫁LOVEな女の子に毎日束縛され自分以外と遊ぶことを禁止されたり
    幼稚園でサディストの女の子に殴られたり縄跳びで首を締められたりしたのがトラウマになったらしい
    女性.と話すときは常に気を使って、表情も固く、冗長な嫁が無口になる程女性.が苦手
    ただどちらも最近聞いた理由で俺は元々その理由は知らず、けれども嫁と付き合っている当初から男友達とよく遊びに行くのはなんとも思ってなかった
    学校も女と男の割合が1:9で、嫁はその中で男友達しか作らなかったことも知っているし、男友達も嫁に対して「女性.として意識することがないから付き合いやすい」と言っていたことも知っていたからだ

    しかしそれをよく思わない第三者がいた
    俺と嫁の共通の女の知人で嫁と同じ学校の人、嫁が男性.と遊ぶことを極端に批判した
    嫁はもともと女性.が苦手だから、疎遠にして難を逃れた
    問題は俺の方だった
    スカイプやSNSを駆使し、嫁が男友達6人に囲まれながらゲームをやってる写真を送ってきたり
    嫁が男友達と二人で昼飯食べる店を探し歩いてたり
    男友達と帰る為にそいつの自転車の荷台に座って待ってたり
    そんな姿を撮影しては送りつけてきた
    嫁はおしゃべりな性.格で、その日あった事をよく喋ってくれる
    なのでその写真の日の出来事も嫁から聞いていて嫁にはなんの不信感もなかった
    むしろ、ス㋣ーカーのように嫁につきまとっているその女が怖くて仕方なかった

    それでもなんとか学校を卒業して嫁とその女の接点は無くなったが、少し前地元でばったりと嫁がその女に再会したらしい
    嫁が頻繁に利用してる店に中学時代の友人男性.(既婚者、俺に紹介済み)が働いていて、週一くらいの頻度で顔をあわせていた
    品を入荷したら教えてくれるためにメアドも交換済み
    それが偶然通りかかったス㋣ーカー女にばれた
    そいつは友人男性.の奥さんに「嫁と友人男性.が浮気をしている」と、店先で二人が話したり、休憩時間に雑談している様子を写真で撮って送りつけていた
    その後突然友人男性.のメアドが変更されて連絡がとれない状態に
    更に友人男性.は不貞行為疑惑で職場も飛ばされたとパートのおばちゃんが教えてくれた
    職場では皆不貞行為が無かったことは解っていたが、友人男性.の奥さんが許さなかったそうで、本社に苦言を呈したらしい

    俺の実家にも写真は届いたが、無視
    その後は俺が転勤して嫁を地元から離し、その後は音沙汰なし
    正義感が強いのか知らないが、女の恐ろしさを知った出来事だった

    147 :キチママちゃん 2016/10/10(月) 12:23:52 ID:xxg
    ある借家に住んでいた時の事。
    転勤の辞令が出て、いつものように急いで探した物件だった。
    その都市はマンション自体があまりなくて、転勤生活の中で初めての戸建。
    築30年ぐらいの2DKの平屋で少し手狭だったけど夫婦2人には十分。

    引越し荷物の搬入が終わって、先に挨拶だけ済ませておこうと夫婦で出掛けた。
    が、両隣とも共働きで遅いみたいで、3日通ったけど誰とも会えず
    夜10時頃には電気がついてたけどあまり遅いのも失礼だと思い、
    挨拶の品と手紙をポストに入れて済ますことにした。
    そのうち会えば失礼を詫びつつ改めて挨拶すればいいやと思って。

    引越しの片づけも落ち着いた頃、料理をしていると
    ガスコンロの真上の換気口から子供がはしゃぐ声がよく聞こえることに気が付いた。
    キャッキャッキャッキャと笑い、舌足らずな言葉で叫び、時には泣いてる。
    歌ってることもあった。いつも男の子ふたりの声。
    ああ、裏のお宅には小さい子供さんがいるんだな~と普通に思った。
    換気口の出口は家の裏側に空いていたが、裏側には窓という窓がなくて
    裏のお宅との境界の塀まで1mぐらい余裕があったが、雑草が伸び放題で通ることはない。
    それなりの広さの庭があるお宅のようだったが、生活道路が全く別になるので
    会うこともなかったし、どんな人が住んでるのかも知らなかった。
    聞こえるのはいつも午後の早い時間帯だったから特に不自然さもなく
    それにしてもよく聞こえるもんだなぁと思ったものだった。
    元々子供好きだったから、その声をBGMにして夕食の支度をしたものだった。

    2年経ってまた辞令が出て、荷物を搬出した後に不動産屋の男性.が査定に来た。
    その時の雑談で何気なく「裏の元気な男の子の声が換気口から良く聞こえて面白かったです」って言ったら
    「何かの空耳じゃないですか?」って言われた。
    「裏は2軒とも老人の一人暮らしですよ」って。
    「でもほら、今も聞こえません?ほら、男の子ふたりの声」って言ったら
    変人でも見るような目で見られ「それよりここに印鑑を」と手続きを急かされた。
    印鑑を押す時にも換気口から声が聞こえてたんだが
    ふたり声を揃えて「ばいばい」って。

    554 :キチママちゃん 2019/02/18(月) 20:21:35 ID:397DpNcU.net
    ぷち修羅場

    親戚Aの携帯電話に、数週間前に亡くなった俺の父親の携帯番号での着信履歴があった。
    着信履歴に気づいて折り返し電話をしたら
    「現在この電話は使われていません…」のメッセージ
    タヒ者からの電話? って事でパニックになったそうだ。

    結論を言うと
    父親の携帯電話を解約する直前に
    登録されていた電話番号をメモ書きしていたが
    その時に、ボタンを押してしまい発信してしまった。

    正直スマンかった。

    644 :キチママちゃん 2008/09/26(金) 18:35:08 0
    家族構成。
    夫(30歳前半)、私(20代後半)。
    別居で、トメとウト、そしてコウト(20歳代後半巨漢でフリーター)がいる。
    コウトが、何をどう思ったのか、私に惚れたそうな。
    しきりに、ラブレターを送ってくる。
    メールじゃなくて手紙。
    「兄より君に先に会っていたら、絶対に君は僕を選んでいた」
    「僕と君は、前世から約束されていたんだよ。」
    「でも、君は間違えて兄と結婚してしまった、でも許すよ。」
    「だから、愛してるといわせてくれ。」
    もうね、気持ち悪くて吐きそうになりましたよ。
    夫に見せたら、夫激怒、当たり前っすよね。
    で、コウトを〆にいったんだけど、トメが
    「弟タン可愛そう!貴方兄なんだから我慢しなさい!」
    って間に入ってきて、さらに状況はややこしく。
    で、ついにトメが
    「っていうか嫁子が何か弟タンにしたんじゃないの?
    色目使って!そうに決まってるわよ!」
    とか言い出して、アホカって思っていたら、
    夫、まんま信じ込みやがった。
    「火の無い所に煙はたたんだろう?お前がそう思ってなくても、
    俺の弟に色目使ったんじゃないか?思わせぶりな態度したとか?」
    ってもう、涙も出ないよ。
    そんなに信じられないなら、離婚しようかって話をしたら
    「ほら!コウトと一緒になるためか!」
    ってほざく・・・もう面倒見切れません。
    なので、現在ネットで弁護士を検索して、依頼中。
    どうやって、電車3回乗り継ぐ場所の偽実家に住み着いてて、正月しか
    会わないコウトに、色目を使えって言うんだよ、ボケが。

    このページのトップヘ