スカッとした話

    168 :キチママちゃん 2009/03/31(火) 11:30:39 O
    トメから三日に一度お決まりの奴隷命令がきた。
    いい加減に脱出したかったのもあり、受話器を取って思わずため息が出た。

    「ガチャ)はぁーーーー…」
    「嫁子か、今日はこんな天気で膝が痛いからな、買い物な」
    「あぁ」
    「サラダ油とな、醤油がもうないわ、んでいつもの洗剤と、2リットルのお茶な、客くるさかいな、みっつ」
    「あぁ」
    「よ、嫁子?」
    「あ?」
    「聞こえた?か・い・も・の」
    「なにが?」
    「もっかい言うから書きなさい」
    「なにを?」
    「買ってくるもん!」
    「だれが?」
    「アンタや!」
    「なにが?」

    馬鹿にして!とかボケたフリして!だか
    金切り声で床をドンドン踏み鳴らす様子が聞こえたので

    「その勢いで行ってこいや」

    とガチャ切りしてジャック抜いた。

    731 :キチママちゃん 2019/10/08(火) 15:50:36 ID:wP.oh.L1
    小学校時代、当時の大親友Aの発案がきっかけでクラスメイトのとある女子Bをいじめてしまったことがある。

    Aはクラスの成績も良くスポーツも万能な、学年のリーダー的存在でムードメーカー。
    5年の夏休み明けに転校してきたBは当時独り言が多く、眼鏡をかけたややぽっちゃり系。服装も地味なジーパンルックスが多かった。
    Bへのいじめはバイ菌扱いが主な為身体的暴力はなかったものの、Aが学校中にいじめを広めたものだからすごい有名になった。
    そのため普段は温和な当時のおじいちゃん校長先生にまで届き、その校長先生が教室に怒鳴り込んできたので壮絶なバトルが繰り広げられた。
    中学からはAは私立へ、中学以降もたまにAとは遊んでたものの、高校入ってからはBのバイト先でクレーマーごっこしようという話になって、ガチで嘘のクレームいれまくってたからドン引きしたのでAとは疎遠した。
    Aはそのお店を出禁になったという。

    時が過ぎて27歳になった。その時に小学校のみんなで集まろうと飲み会があったので参加。ちなみに幹事はAじゃない別のやつ。
    Bは眼鏡をやめてコンタクトに、ぽっちゃりだった体型はスリムに、服装もワンピースと女性.らしくなって、俺はBに少し惚れてしまったぐらいだったし、俺や他の奴らも謝罪するぐらいだった。
    だけどBは2年ほど前に職場で知り合った人と結婚していて、お子さんもいた(だけどお子さんは実家に預けてきてて、代わりに写真を見せてくれた)。
    そんなAはBに「身体で旦那GETできて良かったなー」とネチネチ愚痴愚痴。

    飲み会が終わり、Bを迎えにきた旦那さんにも、
    「あんなクソ女のどこがいいんですかー?あっ、旦那さんもクソだから同類なんですねー」
    「よくあんな独り言BBAと結婚してS○Xできたなー」
    とか凄かったが、旦那さんは
    「お前が嫁をいじめてた主犯格か、色々嫁から噂を聞いたよ。そこまでして俺らを離婚させたいのか?だからお前は結婚できないんだよ」
    ときっぱり言っててカッコ良かった。

    後々聞いたところBの親は過干渉気味。
    お化粧はお肌がボロボロになるだの、スカートは男性.教師を誘発するだの(当時の担任は女性.だったけど)、コンタクトは目を余計に悪化させるだの言われたため、高校まではずっとあの地味な容姿だったと言う。
    でも高校卒業前にこんな地味ではヤバイと思って親の反対押し切って化粧やファッションを独学で学び、今に至ったとのことだ。

    後日Aは地元でそのことが広まって孤立。
    そんなAを見て、成績優秀スポーツ万能でも性.格がクズだと報われないんだなと思ったよ。

    387 :キチママちゃん 2016/04/27(水) 22:30:29 ID:l8eCdxes.net
    日頃、良家の娘と自慢するA。だからどんなレストランも顔パスと言う。
    しかし彼女に連れられて行ったあるレストランは「予約がいっぱいでダメだ」と断られた。
    「私は○○よ」と言っても「だから何か?」という店員の態度。
    そこに偉い感じの人が来て、店員としばらく話していたが
    「失礼いたしました。すぐにお席を用意いたします」と言った。
    Aが「私のおかげよ」と言いながら席に着くと店長と言う人が来た。
    当然、といった表情で迎えるAだったが店長は
    「こちらに(私の名字)さまとおっしゃる方は?」
    と聞いてきた。
    私が「はい」と手を挙げると「ご両親に大変お世話になりました」と頭を下げられた。
    以前、両親にそこのレストランに行くことを話したが、母が店長に「○日に娘が行くみたいだからよろしくね」と伝えたらしい。両親はそろって小学校の先生、店長は教え子だったらしい。
    「(私の名字)先生の娘さんのためでしたら喜んで」
    と色々サービスしてもらった。もちろん値段も少しサービスしてもらった。
    その間、店長がすべて給事してくれ、Aのことは一切無視。

    それからAの良家の娘自慢はなくなった。
    面目丸つぶれのAは父親にレストランの一件を話したが、その際に
    「農家のくせに」と私をバカにしたらしい。
    しかしA父はその話と私の名字から、私の父が自分の仕事上、大事な立場にいる人だと分かったらしい。
    Aは「何てことを言うんだ!」と散々〆られたらしい
    農家でも兼業農家もある、その兼業が何をしているかも色々あることを思い知ったんだとか

    884 :キチママちゃん 2003/06/10(火) 20:37:00 ID:SQXdtaS5
    帰宅時、薄暗い路地を傘をさしながら歩いていたら痴/漢にあった。
    耳元に生暖かい臭い空気を感じるので振りかえると、ニッカポッカ姿で
    足袋を履き、タオルでほっかむりをした男がいた。
    「ドワッ!!」と声にならない叫び声を上げたら逃げていった。
    相手が角を曲がり、見えなくなるまで呆然とたたずんでしまったけど
    ココから反撃。逃がすもんかと追いかけて取り押さえ、警察に突き出してやった。

    私、陸上部。200メートル走で県の記録保持者。
    相手が悪かったね。バーカ。

    622 :キチママちゃん 2019/10/06(日) 12:31:37 ID:dOb
    暴力とモラハラを併発してる父&その父のコピーみたいな弟&ヒス持ちのイネイブラーの母の支配する家で家政婦みたいに生きてきて、ずっと他人の視線ばかり気にしていた
    大学生になって門限が緩くなって、バイトの許可も得て、時間的な余裕と経済的な余裕を得て少し周りを見渡せるようになってから、面白いことに気づいた
    専業主婦で私含め3人の子供を産んだ母は「怠けている」と罵倒されている
    だけど弟は同じ口で留学帰りで外国人の彼氏がいる従姉妹を「意識高い系」「調子に乗ってる」と叩いていた
    「どう生きたって女性.ってだけで叩かれるんだからそれなら好きに生きればいいのでは…!?」
    という天啓を得た
    多分他の人から見たらすごい下らないと思う
    でもこの天啓を得て以来、今は辛くても将来は自由だと思えて、ずっと心に曇天を落としていた閉塞感が消えて、昔よりも生きるのがずっと楽になった

    私は自由だ!!!

    このページのトップヘ