因果応報

    565 :キチママちゃん 2016/11/23(水) 14:22:44 ID:???
    かなり昔のことだと思うけど、自転車に乗って歩道でJKと追突した伯父は駆け付けてきた警察に
    「あいつが急に方向転換したのが悪い!」
    と逆ギレしたらしい
    「歩道は本当は自転車走っちゃダメなんですよ。だから貴方に非があります」
    って叱られて
    「法律なんかいちいち守ってられるか!油断していた女が悪い!」
    って言い返した件を酒の場で武勇伝みたいに話す伯父を見て呆れ果てたのを覚えてる
    なんで歩道を高速で走る法律違反の鉄の塊に怯えながら歩かなきゃならないのかと小一時間

    この伯父が横断歩道で転んだところを車に跳ねられたって聞いて、昔のこと思い出して申し訳ないけど笑ってしまった
    因果応報の極みだw
    かなりの大怪我だったみたいだけど心配してるの祖母だけだし

    801 :キチママちゃん 2015/07/03(金) 09:59:25 ID:pp5
    制限速度60の山道を40~50くらいで流していた時のこと

    ふと後ろを見るとミニバンに煽られてることに気付いた
    運転手はアホそうな40代のヤンママ
    隣には金髪の子供
    この時点でお察しなんだけどもちょっとからかってみることにした
    速度を気分で変えてみたり(法定速度)カーブを攻めてみせた
    そしたらミニバンは煽るようにフラフラと左右に揺れたりしていた
    次は一定速度で(カーブも直線も)走ると必タヒについてきていた
    そしてヘアピンカーブを曲がった時後ろから轟音が
    ミニバンがガードレールを突き破って山の斜面を転げ落ちていた
    怖くなってそのまま山を降り、コンビニで頭を冷やしてから通報したんだけど、警察に事情を話しているときにすぐに通報するように怒られちゃった
    相手に煽られていたということを話すと少しは理解してもらえたけど
    そして相手側の旦那と親が出てきた
    煽っていたことを謝るのかと思いきやブチ切れてきた
    挙句にはお前を谷底に突き落とすとか同じ目に合わせてやるなど脅迫をされた

    21 :キチママちゃん 2012/08/13(月) 20:08:23 ID:SKs20erY0
    とにかくお金に関すること。子供のころから手癖がわるい。
    実家は自営業で現金がいつも手に届くところにあった。

    盲腸で入院していた時は、同室の患者さんのお財布から抜き取っていた。
    今と違って、鍵のかかるような引出ではなかった。
    「あら? 一枚足りない?」 そのくらいがバレない。
    待合室で寝込んでいる人のバックからも抜いた。

    会社勤めするようになって、経理も総務もやっていたので、
    社長の接待交際費として、自分で領収書を発行させていた。

    他人からは、いい人っぽく見えるらしいけど、どす黒い性.格。
    万引きはしなかった、とにかく現金だけ。
    バレない金額が身についた。

    子宮の病気で生理がなくなった。
    同時に窃盗も嘘のようになくなった。
    「病んで止む」って本当だなと思った。

    そういえば、最初に実家のレジからお金を盗ったのも
    生理が始まった頃から。

    お金に困っていたわけでもなかったし、
    なにかものすごく欲しいわけでもなかったのに、
    なんでだろう? 食べ物や服なんかでどうってことなく消えていくのに。
    30年も続けていた。

    バレなかったのは友人からは盗らないことを決めていたからかな?

    今のように防犯カメラがアチコチにあったら絶対に捕まっていたと思う。

    951 :キチママちゃん 2016/11/14(月) 11:38:49 ID:2XKO7TQ40.net
    酷な言い方かもしれないけど、本当に嫌われてる人って、話題にも上らないよ。
    前に仲の良かった子達で集まったけど、すごく酷いことをしてきた元メンバーのことなんか、誰も話題に出さなかった。
    わざわざ不愉快な話なんてする必要ないからね。
    お互い関わらなければそれでいいんじゃないかな。

    229 :キチママちゃん 2016/09/08(木) 12:51:28 ID:l9Dm4xUN0.net
    私もかなり痛いバカガキだったよ
    当時は成績よくて、絵もうまくて、歌もうまくて、など特技が多かった
    そして芸プロから声ががかかるほどの美少女?だった
    今思えば、特技はどれも一流ではなかったんだけどね
    最初はみんなちやほやと寄ってくるんだけど、
    お姫様気質で誉めないとふくれるもんだから、周りは言葉だけ誉めてくる
    だから完全に自分は特別な人間と勘違いしてて

    「こんなに美しく、才能に溢れる私を理解できないやつは、レベルの低い人間だ」

    とまで思ってた
    もちろん嫌われまくりで影でバカにされまくり
    結果、学校へ行くのがイヤになり、成績は駄々下がり
    社会人になってからもっと痛い目に遭って、ここでようやくすごく反省して、
    今では落ち着いたけど、現在ただの派遣社員
    絵も描く気が失せてもう何年も描いてない
    歌は特訓などしていないので、年齢と共に声帯が老けてきて、昔ほど歌えない
    美貌?年齢と共に以下略
    ずっと人とのつきあい方がわからずにいたので、友達0
    本当にバカでした
    恥ずかしすぎて、過去はリアルでは誰にも話せません
    あのころのみなさん、ごめんなさい

    このページのトップヘ