怖い話


    前編 後編

    412: キチママちゃん 2015/05/25(月)09:44:46 ID:wXZ
    ここに何度もきて書き込みできるなら、
    その時間を弁護士なり税理士なり探すことに費やしたらいいのにねー
    登場するたびに頭の悪さと常識のなさが露呈するばかりか、
    どんどん釣りくさくなるだけだよ


    前編 後編


    371: キチママちゃん 2015/05/23(土)12:01:48 ID:9w1
    20代前半女です、父がしんで9桁のお金と都内のビルとか不動産を相続しました。
    色々な手続きは父の部下の男性がやってくれました。
    この男性は35才くらいで父の会社で働きながらV系バンドをやっていて
    私が高校生の頃からよく遊んでくれました。


    前編 後編

    679: 『ハッピー・タッチ』 ◆XhRvhH3v3M 2006/05/06(土) 02:25:17 ID:BiI+Rh5RO
    10分程してから警察が来た。
    警察には父が事情を説明していた。
    俺はしばらくの間、母親と居間にいたが、少ししてから警官が居間に来て『あの夜』の事を聞いてきた。

    ハッピーとタッチの事、木に釘で刺された少女の写真の事、淳の名前が秘密基地に彫られていたこと・・・
    その後、放課後に出会った事など、『中年女』に係わる全ての事を話した。そして『さっき』の出来事も。。。
    鑑識らしき人も来ていて、俺が話している間に窓の指紋を採取していた。
    俺が話した内容で警官がもっとも詳しく聞いてきたことが『少女の写真』の事だった。
    『その少女』の容姿や面識の有無等聞かれたが、それについては『よく解らない。』と答えるしかなかった。
    そして裏山の地図を書かされ、翌日、警察が調べに行くと言う事になり、自宅周辺の夜間パトロール強化を約束して警察官は帰っていった。
    結局、指紋は出なかった。

    しばらくして、慎・淳の親から電話がかかってきた。親同士で何やら話していたが『中年女』に関する話、というより、学校にどのように説明するかを話していたようだ。


    前編 後編


    801: キチママちゃん 2006/04/22(土) 03:48:18 ID:moTdWLP+O
    少し長い話ですが、暇な方、読んでください。

    小学生の頃、俺達は秘密基地を造っていた。
    秘密基地っつっても結構本格的で、複数の板を釘で打ち付けて、雨風を防げる3畳ほどの広さの小屋。
    放課後にそこでオヤツ食べたり、やらしい本読んだり、まるで俺達だけの家のように使っていた。

    俺と慎と淳と犬2匹(野良)でそこを使っていた。
    小5の夏休み、秘密基地に泊まって遊ぼうと言うことになった。
    各自、親には『○○の家に泊まる』と嘘をつき、小遣いをかき集めてオヤツ、花火、ジュースを買って。修学旅行よりワクワクしていた。
    夕方の5時頃に学校で集合し、裏山に向かった。
    山に入ってから一時間ほど登ると俺達の秘密基地がある。基地の周辺は2匹の野良犬(ハッピー♂タッチ♂)の縄張りでもある為、基地に近くなると、どこからともなく2匹が尻尾を振りながら迎えに来てくれる。
    俺達は2匹に『出迎えご苦労!』と頭を撫でてやり、うまい棒を1本ずつあげた。
    基地に着くと、荷物を小屋に入れ、まだ空が明るかったのでのすぐそばにある大きな池で釣りをした。まぁ釣れるのはウシガエルばかりだが。(ちなみに釣ったカエルは犬の餌)



    568: キチママちゃん 2011/06/21(火) 22:02:26.38 ID:g26ky4bm0
    怖い話があるので書きます 
    事の発端は夢からでした 
    青みがかった黒髪の日本人形が夢に出てくるのです

    このページのトップヘ