怖い話

    775 :キチママちゃん 2019/05/07(火) 12:31:54 ID:PmaEJ2GL.net
    休日仲間と川釣りに行こうと、三人で車で山道走ってた時の事、運転は俺。

    片側一車線の曲がりくねった山道で、40キロくらいで安全運転してたんだが、後ろから追いついて来たファミリーカーに今で言う所の煽り運転をされた。

    どっかで避けようと思っても、その道はすぐ横が森で、舗装部分以外は少し低くなってて車を寄せられない。
    釣り場以外で車を置いとける場所を俺たちは知らないから、そのまま付いて来て貰うしか無かった。
    ファミリーカーは何度もこっちを追い越そうとしてたけど、カーブが多くて上手くいかないようだった。

    そのまま20分くらい走って直線に伸びてるトンネルに入った瞬間、ファミリーカーがここぞとばかりに猛スピードで追い越して走り去って行った。
    このトンネルは出口すぐが左むきのそこそこ急なカーブになってて、スピードを落とさずにトンネルから飛び出すとかなり危険、トンネル内にも減速を促す表示がある。

    で、案の定トンネルを出るとさっきのファミリーカーがカーブを曲がり切れずに壁に突っ込んでグチャグチャに潰れてた。

    一応車を止めて助けに行ったら、車の中には両親と子供二人の四人が乗ってた。
    運転席覗き込んだら父親に睨まれて舌打ちされたんで、そのまま無視して釣りに行ったからその後は知らん。

    その道の先にはキャンプ場があるから、多分家族でそこに向かってたんだろうけど。県外ナンバーだったし、慣れない道でスピード出すもんじゃ無いよ。舌打ちされたのも逆恨みもいい所だし。

    ちなみに、俺たち三人が集まると未だにこの時の事が話題に上がるが、俺たちはこの事件の事を『ハマの黒豹』と呼んでる。

    555 :キチママちゃん 2009/05/18(月) 10:26:20 ID:f1w2sgQj0
    最高の家相にこだわって家建てて転居して3カ月でタヒんだ人知ってる。
    そんなもの当てにならんよw

    132 :キチママちゃん 2017/07/13(木) 14:02:32 ID:QJh
    少し前の話。

    某神宮旅行から帰ってきたその日に階段から落ちて足を捻挫した。
    翌日、また階段から落ちて青あざをつくる。
    三日後に階段を思い切り踏み外し顎を外す…顎って外れると痛いだけじゃなく喋れないし口の中乾くわで大変だったw
    翌日病院で治してもらったけど、顎をはめる時の力技はんぱない。
    くっそ痛くて泣きそうになる。
    なお顔は包帯だらけのミイラ状態に進化を遂げた。
    四日後、別の理由で病院へ。
    診察後、病院前で意識を失い派手にぶっ倒れる。
    その際、左顔面をしこたま打ち付けお岩さん状態に…。
    意識が戻った時には車椅子の上におり入院確定していた、マジかよ。
    入院中、ペットがいきなり亡くなる。それまで元気だったのに、凹む。
    それから数日後、私の診察結果を聞かされる。
    医者『中学生時代から躁鬱病です』なんだと…。
    十数年間気づかなかった、衝撃である。

    という出来事が一ヶ月の間に起こった事。
    今年はもう、何も起こりませんように…

    32 :キチママちゃん 2018/08/31(金) 09:18:24 ID:M1DE4vUR.net
    地域のお祭りがあって、親戚が集まってにぎやかに会食してたとき、
    名門N大学の女子学生が杀殳人事件を起こしたというニュースが流れた
    このニュースを聞いて
    「こわいねえ」
    「せっかく頭いいのにもったいない…」
    「頭のよさをいいことに使えばいいのにね」
    と言った意見が出てた中、
    「やっぱり高学歴の人間に限ってそういうことするのよね」
    と嬉しそうに言った人がいた
    その人は最近親せきになったおばさんで、まだどういう性.格の人がわからなかったので
    当たり障りのない会話をしてたんだけど、この一言で「え?」「ん?」とみんななんとなく察した様子だった

    そのおばさんも、新しい親戚だらけの中で緊張してたのかもしれないけど
    高学歴(勝ち組)が事件を起こして(挫折して)嬉しいのかな…と思わせる発言と態度に
    先行き不安なものを覚えた
    私の直接の親戚ではないけど、近い人は大丈夫かな…

    666 :キチママちゃん 2016/10/23(日) 17:19:39 ID:3Gs
    私には身体のある場所にイボ状のほくろが一つあった
    それが嫌だったらしい当時の彼氏は「これさえなければ完璧なのにな~」とよく言っていた
    私自身そのほくろが嫌だったから気持ちはわかるし、それ以外は凄く優しい彼氏だったので付き合いは続いてた
    ある日、彼氏と何気ない話をしていたら突然それをひきちぎられた
    最初びっくりして何が起きたのかわからなかったけどほくろがあった場所から血が出てきて徐々に痛みだし状況を理解した
    彼氏は用意してきたらしい湿潤タイプの傷テープを貼りながら満足そうにしていた
    恐ろしくなった私は手についた血を洗いに行くふりをしてそのまま帰った
    帰ったあと着信とメールがありメールには謝罪と一緒に「本当にほくろが我慢できなかったこと」「ほくろさえなくなれば私が今まで思い描いていた理想の彼女であること」「責任を持って結婚するつもりがあるということ」がつらつら書いてあった
    正直いって人生で一番恐ろしい経験だったので震えながらメアドを変えて着信拒否をして二度と会わなかった

    このページのトップヘ