復讐

    336 :キチママちゃん 2013/05/18(土) 13:36:45 ID:8a6x0LIQO
    復讐とはちょっと違うかも?


    2ちゃんに毒されてTwitterで女叩きしてる同僚がいた。
    あるお店がレディースデイをしてるから今度食べにいこうと女同士で話してると、
    「レディースデイw女様w女は羨ましい」とTwitterに書く。
    女同士で「きついよねぇ」と"芸能人"の話をしてたら何を勘違いしたのか、
    「その場に居ない友達の陰口を言ってる、女怖い」とTwitter。
    専業主婦叩きしてるのに働く女も叩く。
    飲み会で歳を聞かれた先輩達(酔っぱらい)が、
    「俺はずっと二十歳だよ~」「じゃあ私は今年も16歳です」と言ってるのを聞いて、
    女の先輩の台詞だけTwitterに書き込み「BBA必タヒすぎw」と嘲笑う。
    独身の先輩から仕事内容を優しく注意されたのに、
    「いきおくれBBAのヒスこええ!理不尽!」とTwitterに。

    567 :キチママちゃん 2017/02/25(土) 17:30:31 ID:6AA
    昔旦那が家で浮気してたから、旦那に浮気相手に罰を与える許可を取って
    その女の荷物と服を紙袋に突っ込んで、その紙袋を持たせて真っネ果のその女と
    服を着た旦那を腕組ませて歩かせたことがある。
    もちろん後ろから立ち止まるたびに旦那のお尻を蹴り上げながら、
    早く歩かないと警察来るよとか言いながらきっちり公園を一周させた。
    その後ものすごい鬼嫁とうわさされてたけど、夫婦で住む家で浮気なんてそのくらいされても当たり前と
    言い切ったらそんな噂はなくなって逆にそこまで怒らせた奴らが悪いにいつのまにかなってた。
    稼ぎも大してよくないしその後私にびくびくされるのもうっとうしくなったので離婚した。
    今は違う人と再婚してるけど、もし今の旦那に同じことされたら同じことをする元気はもうないと思う。

    417 :キチママちゃん 2019/03/08(金) 13:17:35 ID:3p0y7y0i.net
    自分の仕事を「業務委託w」と、派遣の私にどんどん振ってくる奴がいるんだが、私の妊娠をきっかけにプチ復讐を決意
    というのも存分に甘やかすってだけなんだけどね
    優しい虐待みたいなやつ
    どうせ振られるんだからと先回りして仕事を終わらせ、単発で振られたものも快諾、奴のスケジュールを把握してフォロー、質問されたら「私の方でやっておきますよ^^」

    おかげで私が別件でいない時には、会議開始時間に会議の準備が全くできてないというミスを奴は1ヶ月で3回やらかした

    全ては「私がいなくなって困ればいいんだ!」の思いだけだった
    が、私が産休に入る前に奴の異動が決定orz
    もーーーー!!!!!

    452 :キチママちゃん 2010/05/08(土) 13:02:39 0
    自分はいちおう東京都だけど実態は結構いなかというところが出身。ウトメはなぜか東京都に過剰反応して、
    都会そだちはひ弱だの、田舎にはなじめないんでしょうけどwってイヤミいったりうざかったがスルーしていた。

    去年の夏裏庭の雑草を取れというので、取っていた。ウトメは途中で見にきたが、手伝うでもなく突っ立っていた。
    そこに蛇が出てきた。するとウトメは「ほら嫁子、蛇捕まえて藪に捨てなさいよ、誰か噛まれたら大変でしょ?」
    え?捕まえるんですか?というと「蛇くらいでw、都会の人はこれだからw」とにやにやしている。

    普段ならスルーだが、暑くてイラっときたので思わずそばにあった熊手で蛇を引き寄せて
    首のところをつかみ、ウトメに投げつけてやった。蛇はウトメの腹のあたりにぼてっとあたって逃げていった。
    ウトメはあわあわしていたが、自分は「あらごめんなさいオカアサン手元が狂いました」と棒読みで言った。
    「か、か、かまれたらどうすんのよっ」って怒ってたが「あれは毒ありませんよw。田舎育ちなのに知らないんですか?」
    といってなんか馬鹿らしくなったので家に入った。

    あれからはあんまりしょうもないイヤミは言わなくなった。
    蛇は子供のころ尻尾もって振り回したりしてたので今も平気だ。

    345 :キチママちゃん 2014/07/27(日) 15:57:01 ID:r5Qp40YlD
    吐き捨てます

    私は子供の頃からずーっとださくて地味だった。
    そして何をやってもイマイチなぱっとしない人間だった。
    努力はした。でも要領が悪いのか能無しなのか駄目だった。
    周りからも、いつもなんとなく見下されていた。
    でもぼっちは嫌なのでヘラヘラして周りに合わせてた。
    劣等感で一杯だった。

    そんな私が奇跡的に素晴らしい男性.と結婚できた。
    イケメンで優しく安定した口臭入、トメは鬼籍で
    ウトは資産家で優しい。今私はとても幸せな専業主婦してる。
    結婚に至るまでは大変で、ライバルは必タヒで蹴落とした。
    (法に触れるような事はしていない)必タヒだった。

    だから今、学生時代に散々私をバカにした女性.たちに
    すっごいすっごい幸せ自慢、幸せ爆弾投下してる。
    三十才過ぎてるけど独身が多くて、既婚の人も苦労してる。
    私は子供二人産んで、家で趣味やって好きな物買って。
    そういう自慢たくさん。資格持ち、高学歴、仕事してる女性.
    が偉い、みたいな話にもなるけれど、そういう時は
    「ウン、私はお外働きは夫くんにお任せしてる。
    だって私は働か無くても良い立場だし、それよりも
    子供を産んで、しっかり育てて。お家を守って。
    そういう生き方も女性.としては良いと思うの。しあわせだよ。
    みんなから見ればつまらない人生かもしれないけど…
    一人の男性.が自分を一生の伴侶に選んでくれて、
    本当に守ってくれる。子供は無条件の愛を私にくれる。
    私も頑張らなきゃ、って思えるの。私を選んでくれた人の為に」
    って返してる。
    勿論みんな私の夫が素晴らしい男性.である事を知ってる。
    結婚式に招待して、凄く羨ましがられたから。

    このページのトップヘ