DQN返し

    799 :キチママちゃん 2013/06/05(水) 09:07:46 O
    うちのお姑さんは私のする事全てに文句を言いたくなっちゃう人。
    玄関で私の靴を見ると取り敢えず蹴る→数時間後(マジで蹴った事を忘れているのか)ちゃんと靴を揃えろ!育ちが悪い!とキレる

    私の箪笥を漁る→服はもっと地味めなものにしろ!
    とかとか

    先日、料理の味が濃いと唾を吐くのと同じ要領で私に向かって飛ばしてきた。
    こんな濃い味で杀殳す気かと怒られた。

    最近「濃い味ヤメテ」って内容の雑誌見たな~と思って、その雑誌読んでトメ好みの味付けに変えよ。と思った。


    雑誌名「○ヌのキモチ」
    雑誌で紹介してたツナ缶みたいなのトメさんに出したら、まぁまぁだと喜んでいたのでこれからもあれをあげよう。
    お姑さんに喜んで貰えて嫁も嬉しいです。

    280 :キチママちゃん 2017/05/19(金) 18:10:22 ID:yHb
    小5~6くらいの自転車に乗った少年に、すれ違いざまに胸を才柔まれた事がある。
    振り返ると、こちらを見ながらニヤニヤと蛇行運転。
    (こりゃ常習犯だなー灸を据えてやらねば)と先ほど停めたばかりの車に飛び乗って追いかけ、思い切り幅寄せして逃走を阻止。
    自転車から引きずり降ろしてマウントを取り
    「今胸触ったよね?犯罪だよね?名前は?家は?学校は?教科書出しな」と真顔で胸ぐらを掴むと
    「あ、あのっ…違っ!ぶつかって…」
    「ぶつかったらゴメンなさいだろコラァァァ!!!」
    「ひぃぃぃぃ!!!」
    野次馬のおばさんに「あなた何してるのよ!」って止められたんだけど
    「こいつ痴/漢です。私の胸を才柔んで逃げた性.犯罪者です。」と言うと「えっ痴/漢!やだ大変!警察!?」とおばさんまでパニックに。
    道も渋滞してるし少年チビッてたので
    「吐かないならいいけど、お姉さん君の顔もチャリも服も声も覚えたからね。お姉さんの顔忘れないでね。」
    と告げて道路に捨てて去りました。

    362 :キチママちゃん 2010/10/05(火) 02:48:19 ID:3OQgzYhG0

    うちの自宅駐車場に月水金と
    勝手に駐輪していく中学生がいた。
    月曜日に自転車を置いて一晩、
    火曜日の夕方に乗って帰ってまた水曜日駐輪て感じで…
    車は出しにくいし敷地内に入られてるのも腹立たしく、
    いよいよブチ切れたある夏の夕方に、
    放置自転車のサドルの避け目のスポンジが見える箇所と
    両ハンドルとチェーンに万遍なく
    カブト虫用の餌にする液体ジェルを塗りたくってやった。
    一晩で恐らく虫まみれになっただろうし
    ハンドルを持つ手もベトついて不快だった筈。
    以降、放置自転車を見なくなったのでサッパリした。

    846 :キチママちゃん 2014/03/13(木) 23:46:40 ID:+pOFcQIw
    先日、仕事帰りにゲーセンに寄ったら駐車場でⅮQNに絡まれました。
    自分が車から降りようとすると車を横付けにして降りるなり
    「お前今煽ってきただろうが!」とドアを蹴ってきて大声出してきました。
    自分、生来ビビりなもんですっかりテンパってしまって、「なにか、なにか
    武器になるものはないか!」と咄嗟に手が出たのが トカレフ でした。

    と、言ってももちろん本物じゃありません。今は亡きハドソンのモデルガンです。
    サバゲー仲間に見せようと思って車の中に置いといてそのまま忘れてたものです。
    ヘビーウェイトのBLKモデルをベースにバレル内の前撃針を抜いてダミーカート
    仕様にし(この辺興味がない人は飛ばしてください)、フレームのパーティングライン
    を消してから表面をスチールウールと細目の耐水ペーパーで仕上げ、更にエアキャップ
    のビニールシートでくるんだダミーカートと共に所々に油染みの浮いたマニラ紙で  
    包んで映画の小道具風に仕立てた逸品です。

    387 :キチママちゃん 2014/08/05(火) 16:22:21 0.net
    流れを読まずに投下すまん。意図的にやってはいないけど、結果DQN返しになったことを三行で。
    トメ占い大好きで、占い結果が悪かった私達の結婚を難癖付けまくる。
    妥協案でトメお抱え占い師に改名を命じられて、私承諾し代金は気持ちでというから占い師に500円払う。
    あまりに安すぎてトメは占い師に切られて音信不通みたいだし、私はトメの前でしか改名していない。

    このページのトップヘ