黒い歴史

    706 :キチママちゃん 2014/12/07(日) 14:18:44 ID:15w
    子供の頃の話だけど、俺は小5ぐらいの時に今で言うとこの厨二病を発症しててな。
    心霊特集とか、幽霊大集合!みたいな文字の踊る本を読み漁ったり、霊感を開花させる儀式なんかをくそ大真面目にやったりしてたよ。

    ある日の夜、いつものように21時には母ちゃんにベッドに強制収容され親父母ちゃん妹は寝室へ行った。(3人は同じ部屋で俺だけが別の部屋で寝てた。)
    だが厨二病な俺は「太陽が眠ったこの時間からが霊達の領域だ!」と、こっそり起きてて懐中電灯で本を呼んだり降霊術をやったりして深夜12時~1時あたりまで起きてたんだ。
    「今日も降霊は失敗か…。」とベッドに入りうとうとしていると何か違和感を感じた。
    なんか下の階で人の気配がする。
    親父も母ちゃんも妹ももう寝てる。(イビキが聞こえるから間違いない)
    これはもしや…俺が降霊術によって呼び出した守護霊か!?とwktkしていると階段を上る音が聞こえる。
    守護霊を呼び出したはいいが、なんと言って声をかければいいか困った俺はとりあえずベッドに飛び込み寝たふりをした。
    すると守護霊が上の階にきた。
    ギィ…階段すぐの部屋が開いたな。パタッ…。
    ギィ…次は物置き部屋か…。パタッ…。
    ギィ…俺の部屋に入ってきた。あれ?なんか怖い。こっちの様子を伺ってる気がする。
    なんか絶対動いちゃダメな気がする。寝たふりしてなきゃ…。少しするとパタッ…。と出ていった。
    それから親父達の部屋にも入ったっぽかった。
    みんな気付くな、起きるな、そのまま寝てて!とベッドの中で震えながら祈ってたよ。
    守護霊が親父達の部屋を出てミシッミシッと階段を降りてった。
    そのまま守護霊は玄関のドアを開けて出ていった。
    「あれは守護霊じゃない…間違って大怨霊を呼び出してしまってたんだ…!」と震えた。
    親父達は呪われてないか!?とベッドから飛び出し親父達の部屋に「みんな大丈夫か!?!?」と叫びながら入ってった。
    親父も母ちゃんも涙やら鼻水やらヨダレやらでグジュグジュになった俺に驚いてた。
    親父達に今の出来事を話すと親父は寝ぼけてたんじゃないか?と言いつつ下の階を見に行くとタンスや引き出しがぐちゃぐちゃに荒らされてたらしく警察呼んだり大事になった。
    犯人は別の家でも空き巣をやってたらしくすぐ捕まった。
    ナイフを所持してたらしく、寝たふりを続けた俺は親に褒められまくったよw
    「よく来たな我が守護霊よ!」とかやらなくてほんとよかった。

    265 :キチママちゃん 2016/11/18(金) 21:56:48 ID:4Oi
    小学生の頃、ミステリーが好きで特に古谷一行の金田一耕介シリーズの映像化してたものは何度見てもお気に入りだった。

    あまりに印象深くておどろおどろしい感じが好きだった「悪魔の手毬唄」の数え歌を完璧に覚えて良く歌ってた。
    普通に歌うんじゃなくてあやしさを醸し出すように歌ってたんだけど、母とバスに乗った時にこっそり歌ってたら「今はやめなさい」と母に言われて脳内で歌ってたんだ。
    けど今思い出したら自分では気が付かなかったけど結構大きな声で歌ってたんだと思う。
    好きに歌わせてくれない!ってその時はムスッとしてるばっかだったけど、きっとすっごくかわいそうな子だって思われてたんだろうなーって。

    っていうか母が一番被害こうむってるじゃないかこれorz
    おかあさんごめんなさい

    450 :キチママちゃん 2004/12/24(金) 10:19:25 ID:r/DD4hyW
    俺は子供の頃は両親にすごく可愛がられてたんだけど
    次男、つまり弟ができてからは弟ばかり可愛がられて俺は見向きもされなくなった。
    俺はそれが悔しくて弟を杀殳そうと思い、母親の乳首に毒を塗ってやったんだけど
    翌日になっても弟はピンピンしてて代わりに父親がタヒんでた。


    こんなこと絶対人には言えない。

    997 :キチママちゃん 2013/05/16(木) 21:57:34 ID:LSLpLVGz0
    >>996乙!

    自分も梅がてら。
    昔からボーイッシュでよく男に間違われる。学生時代はそれが何故か嬉しくて、胸潰して普段から男装していた。元々何人かの女性.と付き合ったこともある。
    新宿でスカウトされてホストクラブで働いていたことが黒。勿論ホストとして。枕営業無しで添い寝営業wとかしていた。
    最終的にヒモとして年配の女性.に飼われかけたところで目が覚めた。

    今は当時の知り合いとは全て縁を切って、外見も随分変わったからもう誰にもバレないと思う。あのときの自分はちょっと狂ってた

    316 :キチママちゃん 2013/05/16(木) 21:46:13 ID:otPZV2vi0
    独身の時、不倫してた。
    一度目は21の時。
    彼は26の既婚者。
    彼は直ぐに離婚してくれたけど、慰謝料養育費でボロボロ。
    トタンで出来たアパートでくらし始め「俺達はココカラ始まるんだ・・・」なんてのたまった。
    こんなボロイところに住みたくなかったから、ポイ捨てした。
    二度目は23の時。
    彼は私に入れあげて、家に一切お金を入れなくなった。
    当時ナースをしていた彼の妻は、必タヒに働いて家族を支えていたらしい。
    そして彼が経営していた会社が潰れ、彼の妻は子どもを連れて離婚した。
    彼は貧乏になった。
    「お前となら何もいらない」
    なんてのたまったけど、貧乏な親父に興味はないからポイ捨てした。
    3度目は24の時。
    私と一緒になるために、彼は妻子を捨てた。
    でもその捨てっぷりがゾッとするほど冷たかったから、冷めて
    彼の離婚成立後、逃げた。

    それから暫く恋愛しなかったけど、26の時大学時代の先輩と偶然再会。
    彼は独身の司法試験受験生だった。
    凄く貧乏だったけど、彼となら何故か貧乏でも平気だと思った。
    つきあい始めた夏の司法試験に彼は合格し、私はプロポーズされた。
    あれから20年。
    長子は御三家と呼ばれる中高一貫校で
    旧帝大を目指し勉強している。
    次子は芸術系の才能があるらしく、色々なコンクールで賞を取りまくり
    芸術系の国立大学を目指し、努力を続けている。
    私は現在ボランティア活動をしつつ、家族を支える母になっている。
    夫は弁護士、仕事はすごく上手くいっている。
    天罰は、いまのところ何一つ当たっていない。

    このページのトップヘ