ほのぼの・いい話

    300 :キチママちゃん 2005/07/15(金) 15:09:35 ID:xsVohiNS
    492 名前:素敵な旦那様[sage] 投稿日:2005/07/02(土) 23:57:14
    これは俺も悪いんだけど、ずいぶん前の話。
    予定外に早く帰宅&後輩連れ帰るコールした。
    家に向かうバスの中で必タヒの形相で自転車こいでる嫁を発見した。
    自転車の前かごにねぎ二本その他、鹿の角みたいにさしてすっぴんジャージ。
    俺達の乗ったバスを追い抜こうと猛チャージしてる姿を後輩に見られた。
    二人でできるだけゆっくり歩いて家に入ったら化粧ばっちりでさも何事もなかったように
    玄関に来て、台所へいく後姿を見て驚いた。スカートの後がめくれて膝までまくったジャージがあらわ。
    「ちょうどよかったわ。今夜はお鍋だったんですよ。」(いや、必タヒでねぎ買ってたの見たってば)
    3人でつつがなく鍋も終わり、後輩をバス停まで送っていった。
    「いい奥さんですね。今度はちゃんと約束してからお邪魔します。…玄関の傘のところに大根ささってましたね。」
    と後輩はちょっと申し訳なさそうに、そして半笑いで帰っていった。
    急なことだったけど嫁は全然怒らなくて機嫌もよかったんだけど
    傘たての大根だけは笑わせてもらった。

    109 :キチママちゃん 2013/11/18(月) 13:47:11 ID:dN/kgBtr
    嫌われていると思っていた姪に嫌われてなかったこと。
    それどころか家族を題材とした作文で賞を取ってその作文をプレゼント
    してくれたこと。
    311の震災後、兄夫婦は仕事の関係で転勤先である東北に残らなければならず、
    仕事のめどがつくまで姪だけを先に我が家で預かり一緒にくらすことに。
    姪は春休みに我が家に来たんだけど、あまり口を聞かず笑顔も見られなかった。
    大変な思いしたんだし転校だって不安だよなと思って友達の子供(姪の同級生)
    を紹介して後はあまり構わなかった。どう接していいかわからなかったし。
    学校が始まり、祖父母(私の父母)と喋るときは段々笑顔も出てきた。
    私とは洗面所でかちあうと無言で通り過ぎる感じ。
    でもこの前
    「ん。これ。喪子さんのこと書いて入選したから。喪子さんに断りなく書いて
    ごめん。」
    って作文を渡された。
    作文には両親から離れて心細かったことや祖父母に対する感謝の気持ちが書かれて
    いて、その最後の方に
    「喪子さんくらいの年の人と喋ったことがないからどうしていいかわからなかった。
    ○美ちゃんを紹介してくれて友達になれて嬉しかった。ありがとう。実は喪子さんの仕事に
    興味があり将来はその仕事に就きたいと思っている。喪子さんが毎日勉強して
    資格を取ったのが自分も嬉しかった。来年の1月にはお父さんとお母さんが帰って
    きて今の家を出るけど、喪子さんともっと話がしたい。引っ越してからも遊びに来てもいい
    ですか。ただ、喪子さんは夕飯の前に肉まんを3つも食べるのは体に悪いと思います。
    本当に心配なのでおやつは今より減らして下さい」(要約)
    と書かれていた。
    私も嬉しくて涙出た。でも肉まんのくだりを全校生徒の前で読んだとかorz

    96 :キチママちゃん 2015/10/30(金) 14:21:38 ID:Xlj
    上司の娘は、当時まだ10代なのに顔がパンパンで目は糸みたいだった。
    酒の席で、どうしてうちの娘が・・・と上司がへこんでいたので、社交辞令的に
    「いや、やっぱり女も男も顔じゃないですよ。性.格いいなら大丈夫ですって!」
    と酒の勢いもあり、上司の背中をバンバン叩いて励ましてたら、いつの間にかその娘とデートすることに。

    上司娘が外に出たがらないので、仕方なく初日から上司の自宅でデートという拷問w
    上司夫妻は気を利かせて外出したが、当然ムラムラもせず・・・
    手料理が得意だというので作ってもらったら、なんだかすげー微妙だった。
    次も会いたいと言われたので、じゃあ次は俺が手料理ふるまうねと約束して、上司帰宅前にさよなら。
    翌週にまた上司に家に呼ばれ、何故か今度は上司夫妻も同席のもと、俺の料理を一家にふるまう羽目に。
    俺も料理は得意だったので、そこそこ喜んでもらえた。

    さすがに2回も行けば義理は果たしただろうと思っていたら、上司娘から
    「私は料理上手だとうぬぼれていたみたい。俺さんのほうが上手だった。教えてほしい」
    と電話がかかってきて、仕方なく3回目の訪問。
    今度は一緒に作ったが、いまいち手元がおぼつかなくて危なかったので、ついつい手伝ったりしてた。

    そうこうしているうちになんとなく仲良くなって、これはそろそろ逃げないと大変なことになるなと思っていた矢先に
    上司娘が入院→手術。
    全然知らなかったんだが小さい頃から持病を患っていたそうで、ついに命に関わるほどになったから手術することにしたと。
    さすがに心配になって病院まで見舞いに行ったら、不安そうに涙目になってたから、手術当日も行くことを約束した。
    手術室に行く前に手を握ってやったら「退院できたらまたお料理教えてください」って言われて俺までなくかと思ったw

    手術は無事成功し、術後も良好だったので、退院の日に上司夫妻の前でプロポーズした。
    顔のむくみは薬の副作用だったそうで、手術後に他の薬に切り替えたらどんどんすっきりして人並みに可愛くなった。
    体力取り戻すために水泳に通うというので、俺も付き合ってやったら俺の方までやせてイケメンになってやったぜ。

    で、今日が初めて会ってから1年目だったので婚姻届を提出してきました。今週末に結婚式やります。
    幸せにしてやんよー!

    910 :キチママちゃん 2010/01/25(月) 00:59:25
    文章にしてみたらあんまり面白くなくなっちゃったが、投下

    飲み屋で野郎共何人かで酒飲んでたら調子づいてしまい、なぜか
    ジャンケンで負けた奴が別テーブルの女性.客を誘うことになった
    で、こういうとき必ず負けるのが俺なのよね
    しかたなく生涯初のナンパに挑んだが、
    こんな場合のスキルはこれっぽっちも持ち合わせてないから、
    取り敢えず好きな映画の台詞丸パクリで

    俺「ねーねー、俺とキャラメル買いに行かない?」

    「何それ?」とか「行かない」とか当たり前な冷めた反応の中、
    唯一元ネタ知ってて、鼻で笑いつつ調子合わせてくれたのが嫁さん

    嫁さん「コーヒーに誘うのは月並みだから?」
    俺「!」

    だから我が家の2/14はチョコじゃなくてキャラメルなのですよ
    とうちに遊びに来た嫁さんの後輩に話したら、
    「なんかすごい意外なんですけどー」とニヤニヤされた
    まあね、嫁さん、シャレの通じない堅物なタイプに見えるもんね

    542 :キチママちゃん 2016/12/06(火) 19:37:30 ID:FbZ
    買い物の帰りに歩道橋を渡ったんだけど、下りの階段のあと5段ぐらいのところで
    後ろから駆け降りてきたおばさんが「邪魔!」って言いながらぶつかって
    そのまま謝りもせずに走って行ってしまった。
    私、そのせいで転げ落ちて肘を思いっきり擦りむいて腰もしこたま打った。
    買ってきた卵は割れちゃってるし、お豆腐はパックが崩れて水が出てた。
    通りすがりの3人の女子高生が手を貸してくれて、私の代わりに「くそばばーーーーー!」って叫んでくれた。
    たまたま調理実習で使って残ったっていうジップロックを持ってて
    お豆腐をそこに入れて渡してくれた。
    女子高生の優しさにおばちゃん涙がちょちょ切れたよ。
    私も同じようなくそばばあの年なんだけど、あんなばばあにはなりたくないわ。
    痛いよぅ。

    このページのトップヘ