ほのぼの・いい話

    178 :キチママちゃん 2018/07/18(水) 23:38:37 ID:wAZDQ989.net
    もうすぐ2歳の女児だけど、生まれてから今まで9割くらいの割合で寝転がしてオムツ替えしてる
    最近はイヤイヤでなかなか替えさせてくれないけど、いざ替えるとなると観念してゴロンと寝転がる
    大人しく育てやすいってタイプの子ではないのに、オムツ替え=寝転がると思い込んでるらしい
    私や旦那以外の人がいる時は格好つけたいのか自ら進んでゴロンとなる
    母と買い物中に「後でオムツ替えようね」と言ったら、勘違いしていきなり店内でゴロンとした時は笑った

    310 :キチママちゃん 2004/04/24(土) 22:08:00 ID:dbSxQrQv
    948 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/04/24 12:35 ID:vWH1bBYT

    地元バス会社の運転手は、踏み切り停止をするとき、かならず
    「右オーライ、左オーライ、・・・右オーライ。発車」と声を出しながら
    左右確認をする。
    で、こないだバスに乗ってたら、バスが踏み切り停車している間に
    猫が横切った。
    運転手さんは、
    「右オーライ、左オーライ・・・猫オーライ(ボソッと)発車」
    と猫を見送ってからバスを動かしました。
    自分以外他の乗客は気付かなかったみたいだけど。
    あれは、マニュアルなのか。運転手の趣味なのか。

    966 :キチママちゃん 2013/01/26(土) 20:14:53 ID:kKPZUi0+0
    先日図書館に行った帰りお天気がよかったので公園に寄ったら
    煩そうなおばさんが「犬が捨てられてる」って騒いでた。
    役所の人みたいな人が箱はあるんだけど犬はいないって探してて
    捕まったら保険所かなと思いながら公園でたら外の歩道を
    白い毛玉みたいなのが転びながら歩いてた。
    見てたらその子犬はちょうど前を歩いきたお兄さんの後を必タヒでついて
    行ってて、足元に転がるようにしてついていってた。
    そしたらお兄さんが気がついて、驚いたみたいだったけどすぐに
    拾い上げてコートのポケットにいれて。
    そのままポケットの犬をあやしながら歩いていった。


    なんか運命みたいなのを感じた。

    227 :キチママちゃん 2015/02/08(日) 14:14:47 ID:KDN
    長いし半分はスレ違だけど。
    大分前に某手渡し推奨売買サイトで3DSを9500円で出したんだが猛者ばかりだった。
    一人目は
    「息子が自分のお金で3DSが買いたいと言ってずっと貯金しているのですが、まだ3000円しか貯まっていません。足りない分を私が出せば息子の努力を踏みにじる事になるので3000円で譲って下さい」
    二人目は
    「9000円は半端なのでキリよく5000円でお願いします」
    三人目はすんなりオーケーと思いきや待ち合わせ場所に行く一時間前になってから
    「他のサイトで見たら6000円くらいで売っていたので値下げしてください」
    四人目は待ち合わせ場所で
    「10000円持ってきたつもりが5000円しかなかった。わざわざ来たんだから5000円で売って」
    勿論全員お断りした。初めて売買したんだけど常識通じなくて本当にビックリ。
    因みに最終的に念を押しても言い値で買うと言った人に売りました。
    その人は息子がずっと欲しがってたけど買ってやれなかった。でも誕生日も近いしその金額なら何とか買えるからと、高速も乗らずに車で二時間掛けて来てくれた。
    また値切られたらと思いつつ待ち合わせ場所に行くと来たのはボロボロの軽で首の伸びたシャツ、破れたところを雑に縫ったせいで生地が突っ張った作業着のお兄さん。
    早速箱を見せて「中身の確認と動作確認されますか?」と聞くと子供のように目を輝かせて「ありがとうございます!大丈夫です!」と頭を下げた。
    何かもう見てたら色々胸がいっぱいになって息子さんが誕生日が近い事を思い出し、渡された封筒から中身を確認するふりをして5000円だけ抜いて後は返した。
    勿論お兄さん慌てて断ってくる。
    それでも「これで何か取り敢えずのソフト買ってあげて下さい」と言うと目をキラッキラさせてお兄さんはまた何度も勢いよく頭を下げた。
    結局は予定より凄く安く叩き売りしてしまったけど、後日息子さんがプレイしている写メを下さってお互い幸せになれたし9500円より価値のある5000円を頂きました。

    808 :キチママちゃん 2014/04/08(火) 21:46:38 .net
    俺と嫁の出会いを淡々と語っていく
    質問や意見は語り終わるまで流すぜ~

    当時俺が済んでたボロいアパートの隣にはコンビニがあった
    いつも仕事帰りにそこで飲み物買ってタバコ吸って家に帰るのが日課だった
    そんなある日、俺がいつも通り飲み物を買って外にあった喫煙所に行ったら、見知らぬ女がいた
    歳は高校生くらい
    まあそれが嫁だ
    嫁は特に何もすることもなく、なんか喫煙所のところにある自動車のタイヤ止めのブロックに座ってた
    俺も特に気にすることなくいつも通りタバコ吸って帰った
    それからちょくちょくそのコンビニで嫁を見るようになった
    まあ赤の他人だし、我関せずを徹していた
    それでも不思議に思っていた
    いつも決まった時間にそこにいて、何もせずただぼーっと座っていた
    それから結構月日が経っても、毎日ってわけじゃなかったけど、けっこう頻繁に嫁はいつも決まった時間にそこにいた
    さすがに気になり始めていた俺は、何となく、座る嫁に話しかけてみた

    このページのトップヘ