これはひどい

    79 :キチママちゃん 2010/12/17(金) 15:18:07 ID:yUAsNUJU
    会社帰りの電車にて、優先席にお爺さんお婆さん妊婦さんが座っていた。
    途中の駅で太めのおばさんが乗ってきて、妊婦さんに
    「ここは年寄りのための席なんだから座るんじゃないよ!さあ立って!」と
    絡み出した。

    妊婦さんは「すみません、つわりで気分が悪いので・・」と軽く断っていただんが、
    おばさんは振り上げた拳を引っ込めにくいのか「子供孕んだのはあんたの勝手でしょ!」と
    キチ外じみた絡み方をはじめた。

    そしたら大人しく座ってたお爺さん(見た感じ80才以上)が、おばさんに対して
    「だまれ馬鹿者!ここは優先席であって年寄りの席ではない!」
    「貴様のようなもんより身重の母親が優先されるにきまっとるだろ!」
    「大体なんだ!醜く超え太りおって、三途の川の渡し舟が沈まんように
    少しは痩せろ!身体を動かせ!楽をしようとするな!みっともない!」
    とデカイ声で一括した。

    迫力に押されたのでか、おばさんはちゃんと妊婦さんに謝って、
    お爺さんにも「すみませんでした」と侘びていた。
    お爺さんも「分かればいいよ、私も言い過ぎた」とさっぱりと許していた。

    なんか、スゲーカッコよかった。
    一連のやりとりを優先席に座ったまま眺めてた自分が恥ずかしくなった。

    266 :キチママちゃん 2009/01/15(木) 18:51:52 0
    うちのトメも嫁いびりで甲殻類アレルギーの私が行くとカニばかり出す。
    カニ鍋、その翌日はかに雑炊と本当にかにのフルコースだ。

    アレルギーに理解がないだけなのかと思って
    「鍋にすると私だけが食べられないので、水炊きにしてかには別にして食べませんか?」と
    提案したところ、
    「あたしが食べたいんや」と返事が帰ってきた。

    夫は夫で「うちの会社の抗アレルギー剤を飲んでから食べれば大丈夫なのに」とかいうから、
    トメはすっかりつけあがり、
    「飯にけちをつけるひどい嫁」と近所に触れ回った。

    それ以来私と子どもは義実家に行っていない。
    DQ返しらしいものはしなかったが、近所の人は誰も信じなかったから良しとした。

    801 :キチママちゃん 2017/08/07(月) 16:13:52 ID:IPhvE04+.net
    昔の話。
    地元のスーパーに買い物行ったときのこと。生後半年の長男を抱っこ紐で抱えていた。
    レジに並んでいたのだが、走ってきた若い男性.の店員に思いっきりぶつかられ転倒した。
    転ぶ瞬間、子どもを守ろうと咄嗟に身体をひねって手をついたら手首を骨折した。
    救急車等でバタバタしたが、この間ぶつかってきた男性.店員は固まっていて私の覚えている限りでは謝罪はなかった。

    後日、お偉いさん複数名とその男性.がうちに謝罪にきた(治療費等は処理済)。
    お偉いさんが頭を下げるなか、なぜか男性.店員は無言。
    混んでる店内を走る店員はどうかと思うし、乳児がいるのに利き手を骨折させられて本当に大変だった。
    子どもは抱っこしてほしい年頃で、毎日泣かれる。私もこの可愛い時期に抱っこができず本当に辛い。
    謝られたところで正直すぐに割り切れることではない、というかそもそも当の男性.店員は謝っていないけど?と言いかけたところで…

    469 :キチママちゃん 2014/02/07(金) 15:26:09 0
    優しかったトメさんを亡くして落ち込んでいたら、葬儀の場でコトメに嫌味を言われた。

    うちは片親(母が小学生の時にガンでタヒ亡)で
    父も大学に入ってからずっと肝臓を悪くして入退院状態。
    (父の病気は一時問題になった、昔交通事故にあった際の輸血が原因のC型)
    お金の心配だけは無かったけど高校の後半からずっと父の看病とか家のこととかをばたばたやってた。
    そんな父も就職して2年目に亡くなって、それから一人だったんだけど
    夫とは大学4年の時から付き合っていてさらに数年後に結婚。
    夫の家は近かったので付き合っているときから割と良く招いてもらって
    ご飯をごちそうになったり
    クリスマスパーティーに混ぜてもらったり。
    ウトメさんが本当にいい人で、私のことを実の娘のようにかわいがってくれた。
    私が学生時代バタバタしてて成人式関連のことを何もやってないと知ったら
    トメ姉と一緒にトメ姉の着物を着せて写真を撮ってくれて
    「遅くなったけど成人おめでとう。うちの息子と一緒にいてくれてありがとう」
    と言って、父の仏壇に供える分まで余分に高いプリント写真を焼いてくれたりした。
    夫の姉であるコトメさんとも良く顔を合わせていたけどそんなに口を利かなかった。
    途中からは会社をやめて海外にいったりしていたのもあり
    よく人となりが解らなかった。

    結婚してからもウトメは変わらず優しくて、初めてのお産の時は面倒を見てくれたし、
    でしゃばりすぎずさりげなく困った時は手を貸してくれて本当にいい人たちだった。
    やがてウトさんが病気で亡くなり、トメさんも身体を悪くして介護になった。
    私はトメのことお母さんだと思っているから、至らない部分は合ったかもしれないけど
    コトメさんは海外にいたり帰ってきても彼氏のと同棲してこちらには来なかったから
    介護をできるだけしてきたつもり(同居じゃないけどほぼ毎日通った)。
    でも甲斐なく病気が悪化して、1年前に亡くなってしまった。
    普段はヒネてるせいか人前で泣くとか絶対しないんだけど
    トメさんが亡くなった時は親戚がたくさんいるにも拘わらず大声で泣いてしまった。
    もっと一緒にいたかったのに、お母さんを亡くしてつらかった。

    718 :キチママちゃん 2018/08/19(日) 01:41:56 ID:xY5oq+qv.net
    町でばったり嫌な女と出くわした。
    昔の同僚で寿退社だった。
    会社ではあまり言葉を交わす事もなく
    特に親しくもなかったし
    名前も顔すらもよく覚えてなかった。
    街で偶然声をかけられた時には誰だっけ?って思ったほど。
    その女はわたしが今何をしているのか、働いているのか、
    仕事は何をしているのか、旦那は何をしているのか、とか色々聞いてきた。
    私は答えたくなかったのでのらりくらりと言葉を濁していた。
    すると突然女が手を叩いた。

    このページのトップヘ