彼氏・彼女・婚約者

    808 :キチママちゃん 2012/12/12(水) 09:29:47 ID:4ARiMXRH0
    半年付き合ってプロポーズしてくれた彼氏がバツイチでした。
    前の奥さんとモラハラとDVで別れたことが父が依頼した興信所の調査で分かりました。
    初めは父に反発したけど今は感謝しています。
    別れる時は会うのが怖かったので兄同伴でした。
    初めは笑顔だったのにみるみる般若のような顔になりました。
    最後はグラスをだんっ!って店のテーブルに叩きつけるように置いて店を出て行きました。
    怖くて、兄がいても内面修羅場でした。

    その男はきちんとした職業で外見もかっこよかったし優しかったしデートも楽しかった。
    私はポーッとなってて、DVなんて全然わかりませんでした。
    恋愛と言うより、人間が怖くなってしまいました。

    122 :キチママちゃん 2012/10/19(金) 21:18:59 ID:1KhVx8QW
    夜に高熱が出て、吐き気と眩暈と筋肉痛が酷かったので
    彼氏の家に泊まりに行く約束を断ったら、「はぁ?そんなの寝れば治るだろ?」と
    キレられた事。その後も粘られて断るのに何時間もかかった。
    ほら、こんなんじゃHだって出来ないだろうしさ、みたいに冗談めかして言ったら

    「お前が俺の家に来てベッドに寝転んでれば済む話じゃん!!」って言われて
    こいつ、本当にヤリたいだけなんだなと思い一気に冷めた。

    844 :キチママちゃん 2018/08/17(金) 21:21:42 ID:pScoDjmG.net
    昔、車のドアは男が開けるまで乗らないという女の子に出会ったことが衝撃だった。
    その子は取引先の会社の受付嬢で、顔見知りの仲だった。
    お互い休みの日に偶然外でばったり会ってから仲良くなり、たまに飯食いに行ったりしてた。
    可愛くてよく笑う子で、俺はもう好きになってたから、ある日告白するつもりでデートに誘った。
    彼女の家に車で迎えに行き、着いたよと連絡すると、にこにこしながら出てきてくれた。
    でも助手席の外に立ったまま、ぜんぜん乗ってこない。開いてるよとジェスチャーしてもそのまま。
    窓を開けて「開いてるよ?」と言うと「え?ああ、うん」と言ったまま動かず。
    どうしたのか聞いても答えないから車をおりて近寄ると、上目遣いでじっと俺を見るだけで何も言わない。
    「どうしたの?ロックかかってないよ?乗らないの?」と聞くと、数秒間の無言の後「え?私が開けるの?私、女なんだけど」と言われた。
    意味が分からずぽかんとしてたら、すっごい嫌味っぽい笑い方で「車って男が開けるもんでしょ?」
    恋心がしゅーんと消えて、そのまま一人で車に乗って帰った。
    そのあと連絡もないし、こっちからもしなかったけど、取引先に行けばどうしても会うことになる。
    気は重かったけど仕事だしと思って、数日後にその会社に行ったら普通にいた。
    まあその子も気まずかったんだと思うけど、めちゃくちゃ態度が悪くてびっくりした。
    たまたま通りかかったその会社の偉い人がそれを見てて「失礼にもほどがある。ちょっと来なさい」と怒られてたけど、ずっとむすくれてた。
    それが原因ではないと思うけど、しばらくしたら辞めたらしく、いなくなってた。
    最近になって知り合った人が、たまたまその子と同じ高校、短大に通ってたことが分かり、一連の出来事を話すと、
    「ああ、車は男が開けるものとか言ってたかも……ちょっと変わってる子だから」と言われた。
    どうやら結婚したらしいけど「旦那さんに車開けさせてるのかな」と言ったら「さあ。どうでもいいよ」と言われたので
    あんまり好かれてなかったのかなと思う。

    608 :キチママちゃん 2012/10/05(金) 15:02:49 ID:rDPWNWtO
    10年前に付き合っていた彼氏の話。

    何かの話の流れで減塩醤油の話になった。
    彼氏「減塩醤油ってさー、減塩っていうけど全然減塩じゃないよね」
    私 「???減塩醤油って書いてるなら減塩でしょ?」
    彼氏「だって普通の醤油と同じ色じゃん。
       それなら薄口醤油のがもっと減塩だろ?」
    私 「あー、薄口醤油って色が薄いだけで、塩分は濃口よりもあるんだよ」
    彼氏「は?そんなわけねーし!」
    私 「いやいや、勘違いしてる人多いみたいだけど
       薄口って色を付けたくない煮物とかに使う醤油でね、
       塩分自体は濃口より多いから、使う時に注意が必要な醤油なんだよ~」
    彼氏「なんでだよ!?そんなわけねーだろが!!!」
    私 「…あのさ、私栄養士なんだけど。私が間違ってたらおかしいでしょ」
    彼氏「そんなの関係ねーよ!」
    私 「じゃあ私が間違ってるの?」
    彼氏「知るかよ!」


    冷めた。

    763 :キチママちゃん 2018/08/16(木) 21:42:12 ID:sTnjbLVR.net
    もう十年以上前の話しだが、当時の彼女がうちで夕飯を作ってくれることになった日のこと。
    付き合ったばかりで彼女の手料理はまだ食べてなくて、すごく楽しみにしてた。
    あんまり上手じゃないけど頑張るねとか言われて嬉しくて、何が食べたいか聞かれたから、鶏肉の料理がいいと言ったんだ。
    二人でスーパー行って買い物して、幸せだった。
    唐揚げとかは大変だからソテーを作ると言ってくれて、手伝おうか?と言ったら座って待っててとか言われて、にやにやしながらリビングで待ってた。
    包丁の音とか聞こえて、将来結婚したら毎日ごはん作ってくれるのかなあとか思って。
    しばらくしてジューって音が聞こえて、肉焼き始めたなとか思ってたら、彼女がぎゃああと叫んだもんで、急いで台所に行ったんだ。
    そこからの会話は今でもよく覚えてる。
    俺「どうしたの!?」
    彼女「油がはねた!腕にはねた!痛い!」
    俺「大丈夫!?水で冷やそう!」
    彼女「何で!?何でこんなにはねるの!?許せない!」
    俺「皮から油が出たんでしょ?早く冷やさないと」
    彼女「痛い!訴える!」
    俺「え?誰を?」
    彼女「あのスーパーだよ!こんなに油がはねる鶏肉売って!」
    俺「……いや、たぶん勝てないよ。別に油がはねるように加工したわけじゃないから」
    彼女「じゃあ鶏の飼い主!」
    俺「生産農場のこと?油のことにまで責任取ってくれないと思うけど……」
    彼女「何なのさっきから!もう別れる!帰る!ママ呼ぶから!」
    彼女はぷりぷり怒ってお母さんに電話し、鶏がはねたから別れるとか言ってたけど、意味が通じないらしくさらに怒ってた。
    何を言っても話しかけないで!と言われて、そのうちお母さんが迎えに来た。
    彼女はさっさと車に乗っちゃったけど、お母さんに説明を求められ、いちおうしたけどよく分からないと言われた。
    あまりにも驚いて冷めたし、放置してたら数日後お母さんから携帯に電話来て、娘が復縁したいと言っていると言われたけど断った。
    今の嫁と結婚するとき、念のためこの話しをしたら爆笑され、私はそんなこと言わないから大丈夫と言われたので、安心して籍を入れた。
    今では笑い話だけど、あのときは衝撃的だった。

    このページのトップヘ