夫・妻

    793 :キチママちゃん 2011/08/31(水) 16:19:32 ID:CvmkVeIV
    某所でヨバイの話が出ていたので思い出して書いてみる。
    うちの地方はご多分にもれず田舎だ。が、一応地方都市と呼ばれる状態ではある。
    しかしいかんせん、農家が多く、少し郊外にでると田んぼが累々と続く。
    そんな場所の、町の中心部と郊外の間の新興住宅地で起こった出来事。

    他のところでは信じられないかもしれないが、この地方はお葬式になった際、その家は
    「なにもしてはいけない」という風習がある。何もとは葬式の準備からはじまり、家事にい
    たるまですべて。その間は近所の人が家の中をひっくり返してでもすべて取り行う。
    お金の支払いにしても、家じゅうをひっくり返して現金を探し支払われる。

    私たち若い世代はそういうのに猛反発。新興住宅地で町内会を作っているが隣組が
    なんだかんだいってはこちらに入ってこようとする古い方々。断っても断っても関わり合いを
    持とうとする。それもとんでもなくしつこく、ほぼ嫌がらせの域に達している。実生活にも
    影響が出始めて来た(ほぼ町内会そろってこちらを監視みたいな感じ)

    長いと怒られました。切ります

    574 :キチママちゃん 2012/05/09(水) 22:33:25
    嫁が台湾からの技術留学生で俺の会社に来て俺が教育担当になった
    嫁の祖父が日本統治世代で日本語ができて両親もその影響でペラペラだから
    嫁も祖父や両親から日本語を教わったので
    最初から会話が成立するので意志疎通には苦労しなかった
    2ヶ月位経った時に買い物につきあって欲しいといわれて休日に出かけた
    留学生数人とで出掛けると思っていたら何と2人きり
    重たい荷物かなと思ったが別に重たい荷物は無かったし
    訳も分からず彼女の買い物につき合っていたら
    その日の別れ際にまた来週どこか行きませんかと誘われた
    3回位そんなのが続いたので俺は嫁の事を嫌でも意識し始めて
    4回目のデートの時に嫁に思い切って俺の事が好きなのか聞いてみた
    外国人特有のオープンさと言うのか顔色一つ変えずに好きですよと言う嫁
    俺のどこがいいんだと聞くと嫁は満面の笑顔で「俺さんは優しいし、仕事できる男の人ってカッコいいじゃないですか」と言い切る
    生まれてこの方女の子にカッコいいと言われた事の無い俺はもう夢かと疑う始末
    この後に嫁に告白されて付き合う事になった

    254 :キチママちゃん 2009/11/24(火) 15:45:15 0
    すみません
    離婚したいのですが、やはり私が有責になるのか
    相談よろしくお願いします

    五十代後半の姑が二年前に難病認定され
    姑本人の希望で近距離別居のまま私が週に
    三回通って、通院や家事手伝い等をしています
    幸い進行が遅く、二年たった現在でも
    日常生活は可能ですが、数年中には介護が
    必要になりますし、急変する可能性.もあります
    私は三十代半ば小梨パートです
    月経困難で婦人科へいったところ
    悪性.疑いの卵巣のう腫で大病院に紹介状を書かれました

    自分の健康に不安が出てきたので義母をみる自信がなくなった
    というのは離婚事由になるでしょうか
    夫は私の状態を説いても、とにかく姑を大事にしろ
    今まで通り通えの一点張りで、私が入院することは
    まるで考えていないようです

    514 :キチママちゃん 2015/06/11(木) 21:11:54 .net
    とうとう子供らに包丁を向けたぞ
    原因は兄弟喧嘩をやめないからだが
    家の中はメチャクチャに壊れまくってるし子供らはタヒんだ鯖の目をしてるし
    つんだ

    901 :キチママちゃん 2018/12/26(水) 08:37:33 ID:VL6fTkxr0.net
    相談です。
    アラサー、結婚2年目小梨です。
    昨日から急に夫のことが嫌になってきてしんどいです。
    自分でも原因がわからないため、漠然とした相談になり申し訳ないのですが、
    家事に対してもやる気が起きず、日常的なスキンシップなども気が進みません。
    夫の言動にいちいちイライラしてしまいます。
    一緒に暮らしていると よくあることなのでしょうか?
    初めてのことなのでとにかく戸惑ってしまい、こちらで書き込みしました。
    また、そこからどのように持ち直したら良いのか、アドバイス等いただけると嬉しいです。

    このページのトップヘ