2019年11月

    6 :キチママちゃん 2014/11/18(火) 21:55:32 0.net
    息子は専業主婦の私をいつも見下してた
    ネットの影響もあったんだろうな
    いわゆる中二病にかかる年齢だったこともあった
    そんな時に旦那の浮気が発覚
    相手は旦那の会社の部下
    浮気相手は旦那と結婚したいらしく離婚してくれと言ってきた
    それでも子供のためにと再構築するつもりだったけど、息子に
    「グータラ専業主婦なんて浮気されて当たり前」
    「仕事してる人(浮気相手)の方が人として立派」
    みたいなことを言われ、専業主婦をdisるのはいつもの事だったけど
    浮気された時にこれはキツくてもう無理だと思った
    それで旦那の慰謝料は養育費と相杀殳、浮気相手からは慰謝料もらって離婚した
    離婚する時に旦那が息子との面会について決めようとしてきたので
    「別にもう会わなくていい」と言ったら息子が「えっ?」って泣きそうな顔してたけど
    今更何だとしか思わなかった
    ちなみに浮気相手は離婚したら子供は母親が引き取るものと思ってたらしくて
    中学生の母親になる気はないらしく旦那との結婚はナシになった
    今息子から戻ってきてメールが来るけど全く心動かされないので放置してる

    742 :キチママちゃん 2016/11/21(月) 12:59:41 ID:X8w
    ちょっと理不尽系になるのかも
    良い感じの雰囲気だった男性.とカラオケに行こうって話になった。
    その約束の前日、一人でドライブしてた時、ラジオからとある曲が流れてきたんだ。
    ぼかして書くけど、「愛に愛されて愛に泣く」ってサビのやつで、歌詞はパートナーとの未来の将来設計を男目線で語るストーリー。
    それを聞いてて、ふと「これをドヤ顔で歌われたら引くよなあ」って思ったのよ。歌手や歌詞がどうこうって言うよりは、何か自分に酔ってそうっていうのか。
    んで、その当日、約束通りカラオケに行き、時間まで色々歌って楽しく過ごしていたんだけど、ラスト1曲って時にその男性.がドヤ顔で上記の曲を披露。
    なんか、お約束的な展開だったし、相当歌いこんでいるのかやたらと上手いしで笑いそうだった。
    そしてそのままFOしてしまった。

    541 :キチママちゃん 2016/11/01(火) 03:55:21 ID:uS0xphpB.net
    昔、祖父と漁に出ていた時の話
    停泊中、深夜に見張りをしていたのだけど突然、「ゴン!」と鈍い音&衝撃があった。
    何かが船体に当たったんだろうと思って懐中電灯持って左舷中央へ。
    で、懐中電灯で海面を照らしてみると何やら突起のついた赤さびた球形の何かが浮いてた。

    当時の祖父との会話

    俺(;^ω^)<なぁーんだ。ただの浮遊物か。なんだろうコレ。とりあえず引き揚げて持ち帰る?

    祖父 (;゙゚'ω゚'): <.....機雷だ!触るな!爆発するぞ。

    俺 (((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブル

    そのまま船舶電話で海上保安本部へ通報。
    沖に出ていたから助けが来るまでに時間がかかって生きた心地がしなかった。

    743 :キチママちゃん 2015/10/03(土) 17:13:58 .net
    嫁が中絶女だった
    子供の為ならタヒんでもいいとか言ってたのに自分で子供杀殳してやがった
    息子と添い寝してるの見てるとゲロ吐きそう

    695 :キチママちゃん 2016/04/08(金) 19:15:05 ID:lr+I0/4z.net
    実家住み大学生(現在社会人)だったころ
    4年生の卒業研究の時期に、忙しくて19時前後の夕食に帰れなくなるようになっていた。
    家には「今日も遅くなるかもしれない」と連絡し、実験の結果を出すために(自主的に)遅く残ることもあった。
    自分は食べ物に好き嫌いがないし、勝手に残り物の食材を調理したり、皆の残り物のご飯やおかずを食べても大丈夫なのに
    家族(兄弟を含む3世帯)が勝手に8時~9時過ぎぐらいまで自分の帰りを待っていて
    「なんで遅くなったの!?」「なんで一緒に食べようとしないの!」と"晩ご飯は家族一緒に食べるのが形式!"とでもいう偏見に凝り固まっていて
    勝手に連中が腹をすかしてイライラしていて、やれ料理が冷めただのなんだのとイライラをぶつけられるのが不愉快でしかなかった。
    現在は、19時前後に家に居られるなんてありえない生活だし、自分の稼ぎで勝手に外で済ませられるので非難されなくなった。

    今にして思えば家族はいわゆる独親だったと思う。

    このページのトップヘ