135 :キチママちゃん 2016/06/06(月) 05:15:13 ID:L09
    阪神が日本一になった年の出来事。

    その年の夏休み、大学生だった俺はとある観光地で住み込みのバイトを始めた。
    バイト初日にマンツーマンで指導してくれたのがMさんという見た目銀行員風の30歳代くらいの人だった。
    Mさんは最初正社員かと思ってたが10日前に入った同じ住み込みのバイトだという。
    そのバイトはMさん以外は大学生やフリーターっぽい若い人が多かったからちょっと違和感があったんだ。
    Mさんは優秀な人で仕事はむちゃくちゃできた。

    住み込み部屋は2人一部屋で俺はMさんと同室になり、仕事が終わった後部屋でよく飲んだ。
    Mさんは話がうまく、彼と飲むのは楽しかった。彼はよく妻子の話をしたけど、なんでそんな人がこんなバイトしてるか不思議だったんだ。

    ある朝、そのMさんが突然消えた。まるで最初からいなかったかのように私物も全くなくなっていた。
    お盆になって連日のハードワークで熟睡していた自分は全く気づかなかった。
    Mさんは仕事ができたから、その日はいきなり穴が開いて大変だった。

    修羅場はその二日後に起きた。

    655 :キチママちゃん 2018/06/23(土) 15:58:13 ID:iv4WQHHx.net
    私は家族でマンションに住んでいて先日の地震の時は被害はなかったけど
    その時に家にいた父と私で、地震が収まった後に車のトランクに積んである
    卓上コンロとボンベ、猫缶を取って来る事にして父は足を傷めていたので、私が駐車場に
    降りてトランクから荷物を降ろしていた。
    すると、同じマンションに住んでいるらしい女性.が幼児を連れて声を掛けてきた。
    女性.は「その缶詰もらえませんか?」と挨拶もなく、私の手から猫缶をもぎ取った。
    女性.は「子供がお腹を空かしてるんですけど、コンビニに何もなくて」と言った。
    普通の身なりで本当に困った声だったので警戒もせず
    「あ、それ猫の餌なんです」と、ホラ、と私が猫缶のラベルを見せようとすると
    女性.は私からさらに猫缶をもぎ取り、幼児に手渡しながら
    「ライカちゃん(仮名)良かったね!このおねえさんくれるって♪!」とニッコリした。
    私が「ダメです、それ猫の…」と言い掛けると、女性.はいきなり豹変し
    「だからあ!子供がお腹空かしてるんですけど!!わっかんないかなあ!もうぅぅ!」と恫喝っぽくなった。
    「でもそれは猫用なんです」
    「猫にまぐろ100%とか贅沢なもんやる必要ないでしょ?!猫なんか10日は食べなくて大丈夫だから!」
    私が何とか「とりあえずあげません!どうしても欲しいならお金下さい!」
    と叫ぶと「この子の前でお金の話なんかしないで!この古事記!」と叫び返され
    女性.は幼児を抱っこして逃げて行った。
    仕方なく自宅に戻って父にその話をし、父がマンションの組合に相談して
    警察にも届けた。
    初めてこんな目に遭ったのが衝撃的だったのと
    幼児は連れ回された挙げ句、猫缶食べさせられたのかと思うと気の毒だ。
    皆さんも被災した時には気を付けてほしい。

    574 :キチママちゃん 2013/10/25(金) 10:36:55 ID:G9bAZNn3
    近所の花屋でもやもやしたこと。
    俺「3000円くらいの花束作ってください」
    店員「はいわかりました」
    店員が花を選んで、こんなかんじでいいかと確認されOKを出す。
    花束出来上がって、
    店員「4000円になります」
    え?3000円て言ったよね?
    説明を聞くと、花の値段+技術料でその値段になるそうな。
    最初にそんな説明はなかったし、店内を見回しても表示はない。
    いろいろな花屋で花束作ってもらったことがあるが、最初に言った
    値段に勝手に技術料足すなんてシステムは聞いたことない。
    俺の見識が狭いのかもとおもったのと、かみさんの誕生祝いの
    花束で、あまりケチがつくのもいやなので4000円払ったけど、
    すごくもやもやした。
    その後は「技術料込みで3000円」とか伝えるようになった。

    このページのトップヘ