239 :キチママちゃん 2010/06/11(金) 01:51:42 0
    うちのダンナは最近頭髪が寂しくなってきている。
    私はハゲ自体はみっともないとか思わない。
    体質なのか遺伝なのか知らんけど、仕方ない事だし。
    しかしトメがうるさい。

    最近ムチュコたんの髪が薄くなってきたわよね~。
    ストレスなんじゃないかしら~。
    嫁子さんがムチュコたんに優しくないからかしら~。
    嫁子さんがしっかり体調管理をしてくれないからかしら~。

    こんなかんじで。あんまりうるさいから言ってみた。

    ウトさんもつるっとキレイにハゲてますよねw
    仏間にある写真見ると、大ウトさんもキレイにハゲてますよねw
    ハゲって遺伝するって言いますしねw(実際そうなのかはわからんけど)
    それともトメさんがストレス与えたからウトさんハゲちゃったんですか?w
    それともトメさんが優しくないから(ry
    それともトメさんが料理下手で栄養足りないから(ry

    トメは「私はいいのよ!」ってわけわからん逆ギレしてました。
    よくねーよ。お前もハゲちまえ。

    734 :キチママちゃん 2009/07/06(月) 00:29:11 0
    トメ宅に行ってきました。昼食は冷麦。
    冷麦が入れられたアルミのザルの汚さに食欲が無くなり
    のっていた氷は製氷皿のブロック氷が半分くらい繋がっていて、
    板チョコのような氷。
    汁は市販のめんつゆだったけれど、器はウイスキーグラス。
    味噌汁は何故か小鉢皿で代用・・・。味噌汁の具は、トメ親戚が京都から送ってくれた
    という湯葉だったのに、ぬるいし味も薄いし。
    冷やしトマトは1.5~2cmくらいの厚さの輪切り。
    箸で掴みにくそうだったし、食べ方も汚くなりそうなので取らなかった。

    食後のデザートはメロン。トメは1/8づつ切り分けたつもりらしいが、
    大きさが露骨にバラバラ。皮はそのまま、種を取らないまま出てきた。
    デロンとしたワタと種を取らないで出すのは普通ですか?
    ワタのところは確かに一番甘いところだけれど…。

    いつも私が旦那にメロンを出すとき、小さな種がついてると文句いうし、
    皮に近いところは固いから皮を厚く切れだの、一口サイズに切れとかうるさいのに。
    ワタ・種付きメロン出されても黙って食べていた旦那、ほんとむかつく。
    それにしても普通に出せば普通に美味しい食材を
    トメはなんでわざわざ不味くするのかしら・・・・。

    939 :キチママちゃん 2010/01/07(木) 10:28:01
    以前、派遣社員をやっていた会社で似たようなことをしでかした上司がいた。

    当時私は28歳、同じ時期に派遣されてきた25歳の女性.と仲良くしていた。
    上司が43歳で独身男性.。
    最初は私に声かけてきたけれど、それとなく「来年結婚が決まってる」という話をしたところ
    翌日から露骨にガン無視w
    そしてその頃から今度は25歳の彼女の方に声をかけて、「遊びに行こう」「飲みに行こう」と誘うようになった。

    …が。実は彼女は同じ部署の男性.(上司からみると直属の部下)と既に付き合っていた。
    お互い職場内恋愛ということもあり、上司にはいえなかったので誘いを断わるのに苦労したとか。

    半年ほどして彼女が妊娠してしまい、デキちゃった結婚。
    時期ハズレだったこともあり2ヵ月後に簡単な挙式と披露宴を行った。
    その席上で上司がやらかした。

    「散々目をかけた部下に先に結婚されるとは思わなかった」と冗談口調で始まったのは良いけれど
    後になるにしたがって、興奮したのか酷い内容になっていき
    最終的には何故か新婦が自分に言い寄ってきて付き合った後部下と付き合い始めたことに話がなっていて
    「僕のお古を大事にしてやってください」で締めた。

    ムカついたので同じテーブルに座っていた新婦友人に真相をぶちまけたところ
    その中に友人代表としてスピーチをする予定だった女性.がはいっていて、私に確認を取ったあと
    自分のスピーチで「先ほど、新郎新婦の上司がたちの悪い冗談を言ったようですが…」と訂正し
    その後さらに「自分の好意をもった女性.を部下にとられたからといって嘘をついてまで貶めるような人を選ばなかった新婦の選択肢は正解」
    「まぁ、そういうとこみたら40過ぎて独身なのもわかりますよね」なんて言って笑いをとっていた。

    ただ、私の隣に居た39歳独身の女性.の先輩の笑いだけが引きつっていた…

    このページのトップヘ